映画「サンゴレンジャー」

2014.04.25(Fri)

石垣島が舞台の映画「サンゴレンジャー」。ツタヤで見つけてしまいました。

20140421215020.jpg

映画の内容や演者の皆さんはともかく、うわさに聞いてた通り、石垣島在住時代にお世話になった方々がエキストラで出てきたり、懐かしいあの場所が映っていたり、、、、で、ほろっとしてしまいます。




内容紹介
【ストーリー】
2013年夏、石垣島――。町長選を控え、美しいサンゴ礁を破壊する石垣島と竹富島を繋ぐ大規模な橋(ラグーン・ブリッジ)の建設計画をめぐる賛成派と反対派の対立が、日ごとに激しさを増していた。そんな折、環境省の問題児の熱血漢・自然保護官(レンジャー)矢島が石垣島事務所に赴任した。
赴任早々の一言――。「オレはラグーン・ブリッジ建設に絶対反対です! この美しいサンゴ礁を守るサンゴ防衛レンジャーになります!」拍手喝采かと思いきや、事態は、想定外の状況に・・・・・・。最悪の幕開けから物語は始まる――。

【キャスト】
青柳翔 田中圭/佐々木希
菅原大吉 水橋研二 池田鉄洋 坂田聡 田中律子 藤木勇人
鈴木拓(ドランクドラゴン)浜田晃 石丸謙二郎 菅田俊
小日向文世/高畑淳子/夏八木勲

【スタッフ】
原作:さかいたまき「サンゴレンジャー」(朝日新聞出版社)
監督:中前勇児
脚本:三浦有為子、高橋麻紀
主題歌:「So High」BREATHE rhythmzone
製作:サンゴレンジャー製作委員会 協力:沖縄県石垣市
スポンサーサイト

札幌白百合

2013.02.17(Sun)

札幌に所用で来ていますが、たまたまはいったビックカメラで白百合を見つけました。故郷から約3000km。札幌のビックカメラで三合瓶が売られているのを見つけました。
三合瓶で820円。


八重山の仲間たちも売られていて、玉の露(850円)、於茂登(860円)、八重泉(780円・品切れのとこ)。意外に請福の棚はありませんでした。この微妙な価格差は何でしょうかね(^^;)そして八重山勢の合間に他の地域の泡盛を挟み込む配置もあまり意図が分からない。ただ北海道ですから泡盛を各島・地域ごとに配置を求めるのは酷か・・・



私の最北端白百合記録を塗り替えました。白百合はどこまで北で売っているか、、、追いかけたいと思います。旭川に最北端沖縄料理屋さんがあるらしいのでまずは次に目指したいスポットです。

銀座の白百合(泡盛)たち

2013.02.02(Sat)

東京駅近くにある沖縄県の公式アンテナショップ「わしたショップ」に行ってまいりました。東京で石垣で最も美味い泡盛である白百合を買える場所があるのか、買えるとしたらおいくらなのか気になりますよね。
(ちなみに白百合をメニューに載せている沖縄料理屋さんは、私の既リサーチでも東京駅地下の飲食街、新橋、下北沢、中目黒、、等々かなりあることが判明しております)

勇んで銀座のわしたショップへ。入口の赤瓦と米子焼きのようなシーサーが目を引きます。
DSC_0245.jpg


地下の泡盛コーナーへ下りていくと、、、、


ありました!白百合様です。(携帯電話で撮影したので見難くて申し訳ないです)
DSC_0242.jpg

価格は3合瓶で892円。島では確か600円くらいだったから1.5倍の価格。輸送費がありますので、むしろこの価格で買えるほうがありがたいと思いました。しかし、「初発売時 全品返品という 暗い過去がある」というキャッチフレーズ、白百合ファンや石垣の人には大受けだと思いますが、何も知らない人は買わないんじゃないですかね(^^;


DSC_0243.jpg
上段は二合瓶、下段は三合瓶の八重山の泡盛コーナー。白百合様のほかにもメジャーな八重泉、請福から於茂登、玉の露も。懐かしいラベルたちが並んでいました。残念ながら宮之鶴は見当たらなかったです。


一升瓶コーナーもあります。白百合一升瓶は品切れでしたが、白百合を作っている池原酒造所が出している赤馬の一升瓶がありました。コレは結構珍しいのではと思いました。赤馬2079円。やっぱり島に比べて3~4割くらい高い気がします。
DSC_0241.jpg


振り返ったら紙パックコーナーも。久米仙が「野外で飲むといい」なのに八重泉が「災害用」。だから知らない人はこのキャッチコピーじゃ買わないですって!(^^; 私のような石垣に縁があった人とか島を出て東京にいる人などのある意味内輪狙いな気もしますが。
DSC_0244.jpg


東京でも白百合の販売があることがわかり満足です。家にはまだ白百合一升瓶が転がっていますし、この後は仕事もあったので今回はうずまきパンを買って帰りました。泡盛以外にも沖縄や石垣の物資が売られていますし、東京駅からも徒歩5分かからないくらいの距離なので、ぜひ。
DSC_0248.jpg


(白百合を作られている池原酒造所がオフィシャルウェブサイトをオープンしていました。白百合のふるさとが見られます。「泡盛 赤馬(あかんま) 現在のマイルド嗜好に逆行し独特の味を守り抜く泡盛です。」とか男らしすぎる。)

白百合島ぞうり

2012.07.17(Tue)

私がもっとも好きな泡盛は石垣島の白百合。このblogでも何度か触れています。例えばこちら

そんな白百合のラベルを刻んだ島ぞうりをプレゼントしていただきました!非常にクオリティの高い一品でもちろんハンドメイド・プライスレス。
IMG_5364.jpg


白百合ラベルと比べてみてください。再現率高い。作ってくださったのは石垣時代にお世話になった方。元から頭があがらなかったですがこれでますます・・・(^-^;
IMG_5377.jpg


※白百合とは
石垣島池原酒造所が作る泡盛。口に入れた途端30度のアルコールとともに、素朴ながらも力強い馥郁とした石垣の土の香りが広がる泡盛です。

島ぞうりとは
沖縄でよく売られているぞうり兼キャンパス。値段は350円程度と履物としては非常に安価なものですが、耐久性は?で、私は半年でダメにしてしまいました。(もっともほぼ毎日それで通勤していたので当たり前かもしれません)あと水場では非常に滑るので、漁船やダイビング船の上で履くのは非常に危険です。ダイビングインストラクターや漁師さんはいわゆる漁サンを吐いていたような気がします。島ぞうりは踏面が白で靴底がカラーなので最近は彫刻刀やカッターなどで装飾を施したものが人気を博しています。

内地に引っ越しです

2011.10.08(Sat)

二年半になる石垣生活が終わり、また内地に戻ってきました。再び関東暮らしです。

人の多さや寒さに頭や体が追いついていません。皮靴を履いたら一日で靴擦れになってしまい、漁サンでパタパタしていたのが懐かしい。しばらくしたら慣れてしまいますかね。

まだ引っ越しも終わらず、(石垣からの荷物は10日以上かかるのです)落ち着かない暮らしをしています。

インターネットもまだ開通していません。サイトの訪問者の方から問い合わせメールも何件かいただいておりますが返信までしばらくお時間をくださいませm(_ _)m

ここのタイトルも「とっかりblogだったけど、もはやほとんど八重山blog」にしたところですが、また考えなければです。やっぱりとっかりblogに戻すかな。うーん。。。

(9/20釣果)カスミアジとヨスジフエダイ

2011.09.20(Tue)

今日から遅めの夏休み。迷走した台風も沖縄を去りぐんぐん天候は回復。石垣を味わいつくそうと思い海へ出ます。穏やかな天気と心地よい潮風の中、釣りを楽しんできました。(台風15号により中部地方が大変なことになっているようです。大きな被害が出ませんように。。。)

今日はオキアミを使って海保埠頭から。ヨスジフエダイとカスミアジがたくさん釣れました。小さな魚はネコにおすそ分け。
一時間くらいで全部で20匹くらい釣れたかな。
IMG_0125.jpg
釣れたばかりでピッカピカのアジとフエダイ。一匹ちっちゃなイソフエフキ?

IMG_0124.jpg
アジは美しい魚。シンプルだけど機能美すら感じる魚。小さい頃から堤防で釣った魚。簡単に釣れておいしい魚。すばらしい魚です。

プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。