本ブログは移転しました

2015.10.20(Tue)

とっかりブログは以下のサイトに移転しました。(2秒後に自動的に移動します。)

ブックマーク等いただいている方は変更いただけますと幸いです。
当ブログに掲載されている情報をお探しの方は、以下サイトに移動後、サイト内検索をご利用ください。

移動先 ”海獣記”:http://seal.dolphin.jp/

どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

どんな飲み物も微妙な北海道にしてしまうグラス

2015.09.13(Sun)

どんな飲み物も無理矢理に微妙な感じの北海道っぽくしてしまうグラスが我が家にあります。


モノはこれ↓
IMG_1745.jpg

花咲ガニ、タラバガニ、コンブ、サケと北海道の魚介イラスト満載。なんとも節操が無い掲載種のチョイスが大好きです。
これはグラスとして売られていたものでは無く、この旅行の時に釧路駅で購入した北の勝のワンカップです。北の勝は日本最東端の酒蔵で根室市に位置する碓氷勝三郎商店の日本酒の銘柄です。学生時代に釧路に通っていた頃は度々飲んだ懐かしい味。

この北の勝のグラスはすごいのです。目を絶妙な絵柄で楽しませてくれた後は、吸い着くような厚ぼったいガラスが持つ官能的な口触りは、あらゆる冷たい飲み物の味を二割増しにすると言われております。


石垣島産完熟マンゴーの果肉がゴロゴロ入っているトロピカルなジュースだってこの通り。
IMG_1726.jpg
夕張メロン、、、?という感じの微妙な北海道っぽさを醸し出します。でもこのオレンジ地に赤のカニとカラフトマスに緑のコンブは笑っちゃうくらい妙な色使いです。



私は日本各地のワンカップを集めるのが好きで、旅行に出て気に入ったものを集めていたのですが、新居への引っ越しに当たり、荷物の削減指令が下されました。その指令を掻い潜って一個だけ新居へ連れてきたのがこの北の勝のワンカップです。

私のワンカップコレクションにはルールがあって、
①自分でその土地に行って買う。土産品・贈呈品はありがたいが気持ちだけ受け取ってコレクション入りははない。(もっとも私にワンカップをプレゼントしてくださった方はまだおりませんが)
②絵柄がカップに直接印刷されている。シール、紙ラベルは不可。
③絵柄は自分が気に入ったもの。基本的には一銘柄一種類(でも上記の北の勝には色違いで3バージョンあるのです。購入に踏み切るか悩みます。)。
④基本は円柱状のグラス。円錐状のものやグラス状のモノや下の台座がくびれているようなモノは不可では無いけど、今のところ購入に踏み切るほど気に入ったモノは見つかっておりません。


そういえば新しいワークスペースに筆記用具の置き場が無く、新しいペン立てが欲しいな、と思っているところです。ボールペン・シャープペンシル用の書き物用収納とカッターや定規、ホチキスなどのその他文房具用収納と2個のワンカップを置こうかなと思います。今のところ一軍の北の勝のワンカップは常用の飲み物用グラスとして使われているので、この座を脅かすモノが出てきたら、北の勝がペン立てになります。

最近は旅行に出る度に土地の酒屋さんやスーパーマーケットを覗くのですが、なかなか見つからない。。。ワンカップの吟味と熟考の旅はまだまだ続きそうです。

腕時計のプレゼント~rikiのクロノグラフ~

2015.06.15(Mon)

今年の誕生日は腕時計を妻がプレゼントしてくれました。

送ってくれた時計はrikiシリーズのもので、日本のSEIKO社のALBAブランド。
「riki」という名は日本の工業デザイナーの渡辺力氏から。このシリーズは2001年(氏が90歳!)より“自由で堅実なデザイン”をコンセプトにしたシリーズとのこと。渡辺力氏はシンプルで見やすいデザインの時計を数多く世に送り出されています。


実は妻からこのrikiの時計を送ってもらうのは2回目。
1回目は完全に妻の選球眼のみで選んできてくれました。当時私は腕時計を着用せず携帯電話などで時刻を確認しておりましたが、そんな夫を見て社会人としてはアレだと思ったのかもしれません。
その時に購入してくれたのはシンプルな文字盤に落ち着いた茶色の皮ベルトの時計で配色もデザインもとても良い物だったのです。が、女性の妻が選んだせいか文字盤が小さめでバンドも細い品だったのです。一応男女兼用のものではありましたが、私のような180cmオーバーの熊のような男がつけるには華奢で可愛すぎる、むしろ妻に似合うなと思い、実際に妻の方が似合ったので、最近は妻が使用していました。この辺のスケール感は私と妻で違うなと感じました。
IMG_3642.jpg
(妻が購入してくれた時計一個目。妻の腕時計になりました。rikiのAKPK402ですね。)


私の方は相変わらず腕時計を着用しない生活が続いていましたが、さすがに私にプレゼントした時計を妻自身が着けているのを気にしているのか、今年の誕生日に再度時計をプレゼントしてくれる提案を受けました。今度は自分で気に入りを探すことにして、秋葉原のヨドバシカメラや有楽町のビックカメラまで出向きました。

買いたい時計を決めずに腕時計を見たことはこれまで無かったですが、膨大な時計を眺めていると好みが浮かび上がってきます。
・デザインはシンプルに。でもシンプル過ぎず。
・銀色の金属ベルトは好みではない。
・黒の文字盤は好きではない。真っ白もイマイチ。
・できれば文字盤の数字はアラビア数字。全体のデザインがよければ数字ではなくて良い。
・大き目の文字盤サイズ。でも遊び過ぎないもの。
・仕事のスーツでも、休みの日でも使えるようなもの。
・今回は海や山に使えそうなアウトドア時計やダイビングコンピュータのようなものは無し。(よく考えたら今までそういう腕時計しか持っていなかった・・・。)
・できれば国産メーカー、でも気に入れば舶来ものでも良い。
・日用品なのでアホみたいに値段が高いもののは嫌だけど、いい年なので安っぽすぎるものではないもの。

そんなところでしょうかね。まずは値段で線引きせずに時計コーナーのショーケースを高いものも安めのものも問わず国産メーカーから舶来メーカーまで探したのですが、どうも決め手にかける。。。こう一目ぼれするようなものが無いのです。趣味性が高いものですからお金をかければ良いってものではないのですが。

「絶対にこれだ!」というものは無いものの、気に入ったのはドイツのツェッペリンのクロノグラフとスイスのモンディーンの時計。どっちも舶来もの。ツェッペリンは名前の通り古い飛行船のイメージにぴったりなクラシカル計器類のようなデザイン。モンディーンはシンプルながらも見やすく赤の針がアクセントになるデザインです。
  
(左がツェッペリン・右がモンディーン)



しかし、rikiの展示コーナーに入ると、やっぱりrikiのコーナーにある一つの時計に一瞬で心を奪われて、ほぼ即決。念のため時計コーナーをもう一周りして腕時計を眺めたけど、やはりrikiのもの以上に気に入るものはなくでした。

私めに買って頂いたのはこれ。
IMG_3653.jpg
rikiのクロノグラフ。AKPV404というモデルらしいです。

大き目の文字盤でシンプルな腕時計はデザインが間延びしがち。一方でクロノグラフは針、稼動部が多いせいか、うるさいデザインになりがち。しかし、このrikiのクロノグラフは、クロノグラフ部分の小さな文字盤が、見た目が間延びしない程度のアクセントになり、かといってシンプルなクロノグラフなのでうるさくなりすぎず、デザインとシンプルさの調和が私の好みです。バンドも苦手な金属ではなく皮のものですし。

このモデルも文字盤の色に黒や青、白、それぞれに応じて皮バンド部分も違う色があり、文字盤回りの金属も金色や銀色といったように細かな組み合わせがあったようですが、褪せた紙のような色をした薄黄色の文字盤に濃茶色の皮バンド、ステンレスをシンプルに削り出したような質感の銀色のケース枠のモデルに一目惚れしました。この辺の配色は妻が最初に選んだ時計と似ていると思います。元々二人の好みが似ているのか、好みが似てきているのか、、、両方かもしれません。

並べてみるとやっぱり配色は似ています。が、文字盤(ケース)の大きさ、バンドのごっつさは相当違います。クロノグラフの文字盤が44㎜。小さい時計の方は35㎜。ベルトの太さも1.5倍くらい違うようです。
IMG_3625_edited-2.jpg
AKPV404とAKPK402を並べてみます。

一万円そこそこの価格で良質な時計を供給するSEIKO社と渡辺力氏に敬意を表します。ただ残念ながらこのクロノグラフモデルは廃番になったのかrikiのサイトのカタログからは消えてしまっています。あやうく買い逃すところだったのか。
またrikiから楽しいクロノグラフを出してほしいですが、私は今のものを気に入っていますので、しばらくは手を出さないと思うけど。。。

いずれにせよ、rikiシリーズは子供向けの良質なデザインの本物の時計を出したりする着眼点も面白いし、なにより良質で低価格の時計を作る日本のお家芸で王道を行くような素晴らしいシリーズだと思います。

  

abrAsus「小さい財布」とクアトロガッツ「小さいふ ポキート」の使用感を比較

2015.03.31(Tue)

先回エントリーのラストにチラッと書きましたが、私たち夫婦は二人とも国産の極小の財布を使用しています。特に意識して競ったわけではないですが私は abrAsus(アブラサス)の「小さい財布」(ブッテーロレザーエディションの色はキャメル)、妻は クアトロガッツの「小さいふ ポキート」

両方とも日本のメーカーで極小財布界のメジャー選手です。「abrAsusの小さい財布」は東京の会社(バリューイノベーションさん)が作成しているらしく地味な落ち着いた印象で、「小さいふ ポキート」は大阪の会社(クアトロガッツさん)が作成しているらしく派手な華やかな印象のカラーバリエーションが多い印象です。我が家も私は東日本、妻は西日本出身です。

さてさて、カタログスペック上は両財布とも縦約6cm×横約9cm、厚さ1cm強の極小財布で購買層はある程度共通な気がします。この二つが手元にあって実際に使用続けて一般消費者として比較するという事例も多くなさそうなので、その辺を踏まえ比較してみました。比較したのは約1年使用している「小さいふ ポキート フレンチトースト」(青いほう・妻使用)と約2年使用している「小さい財布 ブッテーロレザーエディション キャメル」(茶色いほう・私使用)。

並べて上から。
IMG_3085.jpg
サイズはほぼ一緒。「小さい財布」の方が若干小さいか。こうやって並べると大きさを比較できますが、普段使いでこの差を実感することはまず無いと思います。


続いて横から。両方とも紙幣5枚、カード4枚、硬貨10枚が入った状態にして写真を撮っています。普段使いのときはこんな感じということで。
IMG_3109_201503221947450c3.jpg
若干、「小さいふ」のほうが厚い?これは普段の使用状況による差が出たような気もします。というのは「小さい財布」の私は普段はカードは4枚しか入れないのですが、妻の「小さいふ」には薄いものを含めカードが7枚も収納されていました。コインも普段から50円玉2枚や100円玉5枚とかが財布にありがちな妻なので、財布は満腹状態が多く、革が伸び気味になっていること、また「小さい財布」の方が一年くらい使用期間が長いので革が柔らかくなっている点も差につながったのかもしれません。

両方とも空荷にして横から。そして上の写真と逆サイド。
IMG_3089_20150322194748607.jpg
触った感じでは「小さいふ」のほうが厚い革を使っている感じがします。

私が普段使っていない「小さいふ」の方を改めてじっくり拝見しました。以下は私が使用している「小さい財布」より「小さいふ」のほうが優れていると強く思った点です。
IMG_3098.jpg
三つ折にしたときの留めボタンです。小さいふの方はふたに当たる部分の留め具部分が補強され(赤色の本体革に青色の補強革が当てられ)ています。留め具も端から十分離され、強度はしっかりしています。「小さい財布」の留め具はフタの端っこの方にあり、開け閉めをしていると千切れてしまうのではと、どうも頼りないのです。頼りないので私自身留め具を留めないことも多く(三つ折だけにする)、かといって小銭がばら撒くような失敗はしてないのですが、「小さい財布」の留め具はもう少し内陸側に付けてもいいのではと思います。なお、「小さい財布」は修理を受け付けているのでボタンが千切れたら製造元に送れば修理はしてくれるようです。

また「小さいふ」のほうが厚い分、カードはたくさん入るかもしれません。現に妻はクオカードや診察券のような薄い物も入れて7枚のカードを収納していました。「小さい財布」の私は普段財布に入れるカードは4枚。「小さいふ」も本来7枚もカードが入らないのかもしれませんが、上記したように留め具が頑丈に作られているので、多少多めに入れて留め具を強引に留めても安心感があります。そのうちに革が延びてこれだけの収容力になったのかも?そういう意味では「小さいふ」のほうが余裕のある造りともいえます。
とはいえ「小さい財布」に慣れてしまうと「カードを7枚も入れる必要ないよな」と思ってしまいますし、カードを多く入れる=分厚くなる→財布を小さくするというコンセプトから離れていくことになると思いますので、私はカード7枚入りにメリットは感じないですが、カードを多めに入れつつ小さな財布が欲しいという人の参考にはなると思いまして。
ちなみに「小さい財布」の私は別にカードケースを仕事カバンの奥底に入れており、必要なときはそこから取り出します。会社と家の往復+αくらいの平日では「小さい財布」に入っているカード(一番よく使うクレジットカード、キャッシュカード、SUICA、運転免許証)だけで足りる日がほぼ毎日ですが。。。

0000202020202.jpg
(↑左「小さい財布」 右「小さいふ」)
逆に「小さい財布」が優れていると思ったのは、小銭の視認性の良さ・取り出しやすさ(これは馴れの問題もあるか?)とカードのホールド性の良さです。小銭は小さい財布の方が見やすいと思いました。ただ妻曰く「小さいふは、ベロを引っ張ると皮がガードみたいに立ち上がるからそこへコインをじゃらっと流せばコインをほぼ見渡せる」とのこと。要は馴れかもしれません。
カードのホールド性の良さは、裏返せば「小さいふ」のほうがカードは取り出しやすいとも言えます。私は上述した通り厳選した超重要カードしか入れておらず、これらは日常的にあまり取り出す必要がないので、取り出しやすさよりもホールド性を重視します。が、カードの取り出しやすさを重視する方も当然いるでしょうし、これもどっちが優れているかは個人によって変わりますね。
そして「小さいふ」にある財布を広げたときにお札を抑えるベロは、「小さい財布」には無い工夫でユーザーに配慮した工夫だと思いました。ただ「小さい財布」を使っていて札止めで困ったことは無いので、「別にいらないよな・・・」とも思ってしまいます。このミニマムな財布たちを持ってしまうと、「あると便利かもしれないけど無くても別に困らないもの」が欲しくなくなるのかもしれません。
そのほかの売りとして「小さい財布」は左利き用を出していたり、「小さいふ」は毎日のように新しいデザインを出したりなどといった特徴もあります。(2015年3月現在)


今回出てきた財布をまとめると以下のとおりです。(アフィリエイトで稼ごうとは思わないのですが、持っていない財布の画像を合法的に引っ張るとなるとどうしてもアマゾンの引用になってしまう。。。)




私が使用している「小さい財布」のブッテーロ レザーエディション。

「小さい財布」の普通バージョン。カラーバリエーションはブッテーロ レザーエディションに比べて、とても豊富。機能も一緒で若干安いです。

妻が使用する大阪のクアトロガッツさんの「小さいふ ポキート」のトリコロールカラー。



※本エントリーを書いた時点で「小さい財布」は私が約2年間、「小さいふ」は妻が1年間、ほぼ毎日使用しています。普段の財布の使い方、収納量や方法等は違いますし、使用期間も異なるので、ここでの使用方法は参考程度にして頂ければと思います。

abrAsus「小さい財布」の2年間の使用感

2015.03.21(Sat)

先日、グッドデザイン賞のサイトを見ていたら、一つ気になる商品がありました。abrAsus(アブラサス)の「小さい財布」です。2年前の春から私も愛用している商品です。それまでは普通の二つ折り財布を使っており、私はズボンのポケットに財布を入れておくのが多いので、ズボンが不恰好に膨らんでいました。これがどうも気に入らなかったので、この商品を買ったのでした。

小さな財布の見た目はこんなです。(私が実際に使っているモノです。)縦横サイズはほぼクレジットカードサイズ。
IMG_3044.jpg

カードは3~5枚程度しか入りません。私はsuica、免許証、クレジットカード、キャッシュカードの4枚。前の財布のときはTSUTA○Aやヨドバシカメ○の会員証等々多くのカードが入ってましたが、この財布にはそういうのは一切入れていない。これらのカードはよく見る割に毎日暮らす上で案外使わないものです。財布を替えて実感しました。これらのカードはカード入れを別途購入し、カバンの奥底にまとめて入れてあります。慣れてしまえば特に不自由は無いです。それより財布が小さいことに値段が付けられない価値を感じます。横から見るとこんなです。白いのがカード類。
IMG_3019.jpg
小銭も多くは入らないですが、コンビニや薬局のようなところは最近はsuicaで払ってしまうし、小銭を使うのは昼飯くらい?小さいとはいえ15枚くらいの硬貨は普通に入るのでこれも不便は無いです。

私の小さい財布はブッテーロ レザーエディションのカラーはキャメル。普通の小さい財布よりちょっと革にこだわっているバージョンです。ちょっと値段が高いバージョンにした理由はあまり覚えておりませんが、革の経年変化を楽しみたくてちょっと贅沢をしようと思ったような・・・・。2年経ち、だいぶ革が育ってきたというか、革ならではのツヤや光沢が出てきました。糸関係はやはりほつれも少しずつ出てきましたが、機能的には全く問題なし。

ネットを検索するとこの財布の革の質感や使用感を気にされている方が多いようですが、その割りに長期間使用した画像があまり無いようで、私の仕様後2年の場合の画像を載せようと思ってこのエントリーを作成しました。

革の表面にわざと光を反射させるように撮った写真です。
IMG_3041.jpg

外側も濃い茶色と光沢を帯びてきました。
IMG_3037.jpg

ちなみにブッテーロレザーのキャメル色の新品のときの色具合はこんな感じです↓(買ったときの写真は撮ってないので、amazonのサイトから引用です。)
今の財布の色と比べると似てもに似つかない色ですが、確かに私の財布も購入当初はこんな明るい色をしていました。若干安っぽく見えるくらい明るい茶色で光沢も弱かったです。どちらかというとツヤ消しに近い質感だったような?そしてシルエットも革が癖が着いてないというか丸っこい感じでした。


画像の再掲になりますが、購入2年後の今はこんな感じ。
IMG_3044.jpg
ほぼ毎日手に取って使うとこんなになるんですね。

当初、私は同社が出している姉妹品?の「薄い財布」を買おうと思っていたのですが、薄い財布はぱっと見は普通の二つ折り財布と違いが分かりにくく面白みが少ないことと、小さい財布の実物を見てデザインを気に入ったことから、こちらを購入しました。この選択に後悔はないですが、機能美というか実用美というかそういうものは薄い財布も小さい財布も共通していると思います。薄い財布も使ってみたいものです。ちなみに薄い財布も2013年にグッドデザイン賞を取っています。

今回出てきた財布をまとめると以下のとおりです。(アフィリエイトで稼ごうとは思わないのですが、持っていない財布の画像を合法的に引っ張るとなるとどうしてもアマゾンの引用になってしまう。。。)





私が使用している「小さい財布」のブッテーロ レザーエディション。

「小さい財布」の普通バージョン。カラーバリエーションはブッテーロ レザーエディションに比べとても豊富でしかも安い。機能も一緒です。

「小さい財布」を出しているabrAsusが出している「薄い財布」これもアイディアに富んだ製品

私が「小さい財布」を購入した後、妻が購入した極小財布。abrAsusの「小さい財布」ではなく、大阪のクアトロガッツさんが造る「小さいふ ポキート」。abrAsusの「小さい財布」サイズはほぼ一緒。


我が家のバレンタインデー2015

2015.02.14(Sat)

話は昨日に遡ります。今年のバレンタインデーは土曜日なので、前日の13日の金曜日に職場の女性陣からありがたくお菓子を頂き、仕事を終え帰宅。家に着いたのは日付も変わって0時半。この時間の帰宅は珍しくもないのですが、当然妻は先に就寝しております。
家をウロウロしていると台所のみかん置きスペースのみかんの上に、紙袋に入った包みが置いてありました。中身は何かの贈り物のようです。

職場でささやかながらチョコを頂きましたし、明日はバレンタインということはさすがに認識していたのですが、どういうわけか「この包みは妻からの私のバレンタインデープレゼントでは?」という考えは、100%微塵も頭によぎらず、「妻が職場か友人から何かもらったのかorどなたかに記念品か何か送るのかな?」とチラッと思ってそのまま放置。パソコンに向かいつつ、いつものように浴びるように酒(日本酒と焼酎)を飲んで就寝したのでした。

翌朝、妻は寝こけているので、先に起きた私が文化鍋でご飯を炊き、タンドリーチキンを焼きつつ、昆布で出汁をとったネギと豆腐の味噌汁を作って朝食の用意をしていると、もぞもぞ妻が起き出してきます。
起きてきた妻に声をかけます。
私:「何かプレゼントでも貰ったの?」
妻:「何で?」
私:「紙袋がみかん置き場においてあるから。誰かに送るやつ?」
妻:「!!」

全くナチュラルに疑問文を妻に投げかけていましたが、ここで初めて紙袋はバレンタインデーの私への贈り物だと聞かされました。まぁ普通に13日の夜に贈り物っぽい包みがあったら「夫へのバレンタインデーかも??」と考えるのが自然な気もしますが、全くそんなことは無いと考えてしまった夫婦関係もどうかと思ってしまいました・・・。

前置きは長くなりましたが、これが混乱をもたらした件の紙包み。
IMG_2727.jpg

中には「クラブハリエ」のバレンタイン仕様、チョコレートバームクーヘン。
IMG_2730_20150214144202908.jpg

バームクーヘンの中心部は空洞になっているのが通常ですが、この製品は中心部にはチョコがぎっしりと。
IMG_2738.jpg

箱もチョコレート仕様で凝っています。後ろに包丁を入れる誰かさんが写っていますが。。。
IMG_2743.jpg

バームクーヘンは朝食後にコーヒーを入れて二人で頂きました。
送り主の妻もバームクーヘンを食べて、ご満悦なのか、腹を出して昼寝をしています。まだ寝るのかよ、、、と言いたくなりますが、おだやかな土曜日の午後です。

プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。