新屋島水族館のコツメカワウソ

2014.02.13(Thu)

先回から引き続き新屋島水族館。アザラシに続いては2匹のコツメカワウソを紹介します。

メスのメイとオスのトロの2匹。
メスのメイはピーピー泣きながら走り回ったり無駄に泳いだり活発に動きますが、トロはもともとおっとりとした性格だった事に加え、最近は年もとっており、動作も緩慢な落ち着いていて静かなカワウソです。見ていると全く対照的な2頭。

ハンモックの上でちょこまかせわしなく動き回るメスのメイ。とはいえ彼女も15歳くらいで人間で言ったら初老くらいの年齢なのだそうな。。。こんな落ち着きの無い初老はやだなぁ。



メイは走り回っているせいかよく食べる食いしん坊。餌がどこかに落ちていないか探して走り回っています。イベントではお客さんがひしゃくで彼女に餌をあげる事もできます。
IMG_9752.jpg


ハンモックの上からトロ(手前)が水を飲もうとボウルに体を乗り出すと隣にメイ(奥)がやってきて、ちょっかいを出し始めます。
IMG_9767_20140131014839a19.jpg


水を飲もうとするトロの顎の下にもぐりこんで「構って構って構って構って構って!!!」とトロが水を飲むのを邪魔したり噛み付いたりして、うざいことこの上ない・・・。
IMG_9768.jpg


やがてメイも疲れたのか、並んで水を飲む二人。
IMG_9769_20140131014842733.jpg


ハンモックの上で休もうとするトロ。メイはハンモックのズタ袋?の下にもぐりこんで何やらごそごそしています。何がやりたいんでしょうね、この子は。トロ君は安眠も出来な様子。トロ君の迷惑そうなやる気の無い態度(^^;




ハンモックの上に出てきたと思ったら、あっという間に昼寝の世界に入っていったメイ(左)。気持ち良さそうな顔で寝ています。トロ君は健気にもメイを暖めているのか覆いかぶさっていました。寒い冬の日の一コマ。
IMG_9777.jpg


トロ君(左)もメイの腹を枕に昼寝の世界へ旅立っていきました。
IMG_9783.jpg


2頭が静かに昼寝の世界に旅立っていったので、私も退館。冬の日の小さな心温まる水族館でした。
スポンサーサイト

新屋島水族館アザラシライブ続き

2014.02.05(Wed)

先回エントリに引き続き、新屋島水族館のアザラシライブショー。続きです。


メスアザラシのみうがポーズを取っている間、バケツが気になっている?オスアザラシのかいう。
IMG_9667.jpg


アザラシに水中で息を吐き出させる。これも地味といえば地味ですが、他の水族館では見たことはない。
IMG_9669.jpg



かいうの鼻から空気を吐き出す様子。きれいにサインに反応しています。





まだアザラシライブは続きますが、職員さんが何やら取り出し、直接アザラシに仕込んでます。。。
IMG_9673.jpg




節分!青鬼と赤鬼の被り物。いや、ほんとによくここまで仕込んだなと感心します。
新屋島水族館のアザラシコスプレ?は季節に応じていろいろバリエーションがあるそうなので、どんな姿になるかは行ってからのお楽しみ。
IMG_9677.jpg



これでアザラシライブは終わり。終わった後、一瞬、職員さんに視線を送るアザラシ。今日の出来具合とかを確認しているんでしょうかね?それともやっぱり魚狙い?
IMG_9684.jpg



アザラシの後、本館内のマナティーを見に行きます。マナティーも海獣ではあると思いますがアザラシに較べて、ずいぶん緩慢な生物。草ばっかり食ってるので、食肉目から分化したアザラシたちとは根本的に嗜好回路や哲学が異なるのでしょう。
IMG_9725.jpg



アシカショーに行って見たら、、、さっきアザラシライブをやっていたお姉さんがまた登場している!!アザラシだけではなくアシカショーも取り仕切っていてまさに海獣使い。
IMG_9734.jpg



アシカショーで大きなロウソクに火を灯しているシーン。なかなかシュールな光景。ロウソクの火をアシカがどうするかは新屋島水族館で確かめましょう。
IMG_9740.jpg


さてさて、アシカショーの次は個人的に気に入っている新八島水族館のコツメカワウソの夫婦。新屋島水族館に来たら会っておきたいカワウソです。ピーピー騒いでばかりのメスのメイとのんびりおっとりしてメイとは逆の性格のオスのトロ。二頭の様子は次回紹介します

新屋島水族館のアザラシライブイベントがすごい

2014.02.01(Sat)

先回のエントリに続き、うどん県にある新屋島水族館の様子です。

新屋島水族館では、ゼニガタアザラシのライブイベントを一日に二回ほど開催しているようです。2009年の訪問の際は見なかったのですが、今回はこのイベントを見るのも訪問の目的の一つ。しっかりと見て参りました。

結果から言うとこれが大正解でなかなかクオリティの高い満足感の高いものでした!



まずライブイベントが職員さんが客とフラットな位置に立ってイベントが始まります。ですのでライブ感が高い。こんなに職員さんと客が近いのはとっかりセンターくらいしか思い当たらない、、、というくらいフラットなのです。この一体感?親近感?がものすごく良い。小さい施設だからこそできることです。

まずはアザラシの挨拶ということで短い前足で水面をバチャバチャやっています。
IMG_9625.jpg


続いて職員さんはプールの高台に移動し、アザラシたちに指示。プールの円形部分(ご縁水槽と呼ぶそうな)にアザラシをくぐらせます。イベント以外の時はアザラシはあまりこの円形部分を潜ることはないのですが、職員さんの指示でいとも簡単にこの中に潜り込んでいました。
IMG_9629.jpg


ご縁水槽を泳ぐアザラシ。この水槽、上面に開口部がなく、空気を吸う(水面に行く)には一回水底に向かって潜り込んで下から抜けなければなりません。重力にしたがって上に行ったら開口部がなく、空気が無いというのは、結構怖いような気もしますが、アザラシたちは気にする様子はなかったです。



職員さんの指示により、ご縁水槽の中でアザラシ同士ぶちゅっとやってます。ちゃんとオスのかいうとメスのみうです。先日の海の中道以来、アザラシどものこの手のシーンを見ることが多いような気がします。
しかし、ショーのテクニック的には(私は完全な素人ですが、、、)アザラシを開口部がなく、指示を出す人間からも遠くなるご縁水槽に相対するように入れて、ぶちゅっとさせるのを仕込むのは案外難しいような気もします。よく仕込んだなぁとこの時点で感心しましたが、まだまだ新屋島のアザラシはこんなものではありませんでした。
IMG_9637.jpg


ご縁水槽の次は、プールの陸上部分でアザラシを立たせる。
IMG_9639.jpg


次は傘を持たせる。解説ではアザラシが野生化では何かを前足で挟んで持つことはほとんど無いとおっしゃっていましたが、確かにショー的なイベントを除いて、つまり人間に仕込まれたもの以外ではあまり見たことが無い。新屋島は傘という持つところが細くて、上に傘のビニール部分がついているというバランスの悪そうなものを持たせるので、なかなかの大技のようです。
しかし、ここまでの写真で見て伝われば幸いですが、ここの職員さん本当に楽しそうにアザラシたちといろいろ技を披露をされます。見ていて和みます。
IMG_9645.jpg


またプールの前のお客さんのほうに職員さんが降りてきて目の前で指示を出しながらイベントは続きます。
IMG_9652.jpg



アザラシと職員さんと3人で、子供達をとりこにしました、の写真↓(^^)
IMG_9654.jpg



アザラシ、高速で回る。手なずけているなぁ。。。




抱き合っているアザラシ。これも何気ないですが1頭ずつ違う指示を出し、かつあまり動きの少なく細かなポーズ・動作を指示して完成させるわけですので、これも見た目の印象以上に難しい技な気がします。
IMG_9662.jpg



イベント最中のワンシーン、なかなか鋭い目で職員さんを見るアザラシ。次の指示を待っているのか、餌をねだっているのか・・・。
IMG_9663.jpg


ちょっと長くなってきたので、この辺で一回区切ります。
新屋島のアザラシライブショーの様子は次回エントリでも紹介します。

2014年アザラシ初め・新屋島水族館へ

2014.01.28(Tue)

皆さん2014年のアザラシ初めはお済みでしょうか。私の本年初のアザラシは高松の新屋島水族館になりました。1月25日です。この日はLCCのジェットスターの成田⇔高松の朝便が片道4500円くらいだったもので。。。新屋島は2009年末以来、4年ぶりくらい。

安い分出発時間が厳しく、成田発6:55。横浜の我が家からは電車の始発では間に合わないので高速で1時間半くらい。とはいえ1時間くらいまでに成田入りしたいので4時半くらいに家を出ます。羽田で飛んでくれたら楽なのになぁ。。。

車で成田空港に行くのは初めてですが、車でも空港に入る前に検問があり、身分証の提示と外から車の内部を見られるんですね。

ちなみに今は早朝7時台成田発便のLCC利用者は空港駐車場の24時間割引サービスがあります。

さすが安いだけあって空港ターミナルからバスで飛行機まで運ばれます。車内から青いガラス越しに飛行機。
IMG_9794.jpg


それでも時間通りに高松空港に着陸。高松空港に行くなら、やっぱり"あの蛇口"を見に行かないわけには行かない。


讃岐うどんのつゆが出る蛇口です。
IMG_9596.jpg


蛇口から暖かいうどんのつゆが!紙コップで飲むと魚のだしが効いたとても美味しいスープ。感動する味です。
空港内もいたるところで「うどん県」をアピールしていたしさすがです。
IMG_9597.jpg


さてさっそくレンタカーを借りて、ミステリーゾーンを通り抜け、新屋島水族館へ。

水族館があるのは源平合戦の古戦場として名高い屋島。しかし今は観光地化し、それもかなり昭和チックな観光地の面影が強く、どうも由緒があるお寺なのにどうも雑然とした屋島寺の境内と土産物屋が並んでいる道を抜けると水族館が見えてきます。
IMG_9786_20140131013635a1a.jpg


入り口はこじんまりとした水族館。古くからの観光地の山の上にあるので余り大きな水族館を建てるのは難しかったのだと思います。
IMG_9600.jpg



看板のアザラシの画風が良いですね!と一見して思ってしまったのですが、よく見るとこいつはマナティーだ!!!
私の頭もだいぶアザラシ脳になってしまっているようです。アザラシとは尻尾の形が決定的に違いますし、この絵の動物の食い物が植物であるので決定的です。
IMG_9603.jpg


さて、入館します。この新屋島水族館は2009年末に来たときはアザラシよりむしろコツメカワウソのほうが印象に残っていました。メスのメイがピーピー走り回って騒いで、オスのトロが迷惑そうな印象でした。でもオスのトロ君はメイちゃんが大好きなのだそうな。

今回も彼らは2匹でぬくぬくと寝ていました。寒いのかくっついてごろごろしています。また後で見に来ることにしましょう。
IMG_9606_20140131013638a57.jpg


アザラシのほうも相変わらずゼニガタアザラシの二頭でがんばっているようです。かいう(オス)とみう(みう)の2頭
IMG_9611_20140131013827e52.jpg


2009年の来訪時はこの2頭は水底で昼寝しており、緩慢な感じでしたが、今回はちゃんと泳いでくれていました。やっぱり動きがあったほうが楽しい。
IMG_9613.jpg


新屋島水族館のアザラシはゼニガタアザラシのみのモノクラス。頭数も二頭なので大規模ではないのですが、職員さんによるアザラシライブが高クオリティでした。
IMG_9619.jpg


このアザラシライブイベント、職員さんによって仕込まれたアクション等々をアザラシが行うのですが、職員さんがここまでアザラシを操るイベントを繰り広げる施設は見たことが無かった、、、といっても良いくらいのクオリティでした。


その様子は次回以降のエントリで紹介します!

うみなかクリスマスキャンドルナイト「1万本のキャンドルアート」~マリンワールド海の中道⑥~

2014.01.04(Sat)

マリンワールド海の中道を退出し、駅に向かっていると駅の周りに人だかりが出来ていました。クリスマスイベントで「うみなかクリスマスキャンドルナイト「1万本のキャンドルアート」というイベントをやっています。

うーん、見るからにカップル臭がするイベントで、おっさん一匹客にはハードルが高そうですが、「エンジョイ海の中道きっぷ」には往復のJR券、水族館の入館券のほか、イベント会場の「海の中道海浜公園入園券」が付いていたのでこれを使わないのももったいないなぁと思い意を決して入園します。


エントランスからしてこんなろまんてぃっくな感じに。
IMG_9468.jpg


徐々に暮れてきてキャンドルの明かりが際立ってきます。
IMG_9474.jpg


これがキャンドルアート。ロウソクで何かの絵を描いているようなのですが、キャンパスが大きすぎるのと上から見下ろそう様な場所が無いので、地上客には何のことか判らず。。。
IMG_9475.jpg


付近にあった解説では上から見るとこんな具合の絵になるそうな。。。。これは上から見ないと分からない。海ノ中道海浜公園には観覧車があったので、それに乗ればこの絵が分かるかもしれません。おじさんはさすがに乗りませんでしたが。。。
IMG_9477_20131229180924e2d.jpg


カップル率多く、ファミリー層もそこそこなイベントです。なじみの無いおっさん一人客には寂しいものがあるので一見して引き返すことに。海ノ中道駅周辺。結構な人が来ており入館券を求める長蛇の列が出来ていました。
IMG_9482_201312291809267b7.jpg


寒い駅のホームで列車待ち。寒いのに何か暖かそうに列車を待っている人たちがいる一方おっさんは泣きそうになって早く電車来いと念じます(;ω;)
IMG_9489.jpg


やってきた列車。2両のディーゼルカー。
IMG_9493.jpg


博多の街に戻ってラーメン屋に。中は無口な男客であふれており、こういう場所のほうがやはりホッとしますね~。
IMG_9497_201312291815004f4.jpg


あとは、もう街には出ずにホテルの部屋でワンカップと柿ピーをぽりぽりやるという、ザ・ソロ出張☆という感じで夜は更けていきました。

イルカとかハコフグとか~マリンワールド海の中道⑤~

2014.01.03(Fri)

バイカルアザラシにMPを吸い取られたので、しばらくはカップルとかに愛想を振りまかなそうな魚コーナーでMPの回復を図ります。


ハコフグ。妙に見つめてくる可愛いやつでした。
IMG_9339.jpg


生きているサンゴ。やっぱり南海の浅い海にいる生物ですから他の水槽に較べライトが強烈で目が痛くなるほど明るい。ここまでしないとサンゴは生きられないんですね。元気そうなサンゴでした。こういうのはカップル達は食いつかないので安心してみていられます。
IMG_9348.jpg


面白かったのがこれ。多分北の海の水槽を再現しているもので、コンブが植わっています。大抵北の海というと暗めの水槽にホッケやオオカミウオが入っているものですが、この海の中道は違った。強力なライトの下、ホッケやオオカミウオや北方系のヒラメを水槽に入れています。光の元に輝いているオオカミウオは新鮮でした。こういうのも面白いな。
IMG_9353.jpg



だいぶ体力も回復したので屋外のショープールに行ってみると、、

イルカショーの最中でした。職員さんもクリスマス衣装。イルカもサンタ帽子をかぶっています。おっさん単独客としては何でもかんでもクリスマス仕様にしなくてもいいと思います、そうだ今日(12/23)は天皇陛下のお誕生日で休みになっているわけだから、そっち的には何かやらなくていいのだろうか!?
IMG_9360.jpg


イルカショー。なかなかの客入りです。おっさん単独客は多くて3人くらいしかいなさそうだったけど(;ω;)
IMG_9362.jpg


感心したのがこの機械。イルカショーは屋外。各ベンチにこのようなヒーターが置かれているのです。
IMG_9387.jpg


イルカショーが終わって客が引けたあとの席の間を飛びまわるスズメ。落ちているお菓子でもないかあさっているのかな。ショースタジアムの住人のようで勝手知ったる感じで飛び回っていました。
IMG_9381.jpg


ヒーターの上にも飛び乗るスズメ。お前も暖まるのか?なかなかずうずうしいような賢いような。
IMG_9382.jpg


夕方のイルカショーの一コマ。右から2番目の尾びれが大きい。この個体だけ実はクジラの仲間。あとはイルカ。クジラはイルカに較べれば鈍重な感じのジャンプや身のこなしですが、豪快な体と、本人は全く気にせず自分に出来ることをがんばっている様子が好感度大でした。この個体は確かコビレゴンドウのゆき。
IMG_9455.jpg



イルカショープールの面々。ハナゴンドウののんはコビレゴンドウのゆきちゃんが苦手でカマイルカのサンゴはゆきちゃんと遊ぶのが好き。種を越えた縺れた感情があるようです。
IMG_9465.jpg



イルカショープールの面々Ⅱ。バンドウイルカのハッピー。苦手なものスッピンの女性。何でしょうね、これ(^^;
IMG_9466.jpg



イルカショープールの面々Ⅲ。バンドウイルカのイブ。苦手なものアシカ。アシカ全般がダメなのかな?アザラシならいけるのか。昔、何かアシカとあったのでしょうかね。
IMG_9467_20131229180731fba.jpg



大水槽にはサンタさんが魚の解説をしていました。タンクがちゃんと白い大きな袋に入っていて芸が細かい。
サンタさんが手に持っているのはカメラでこれで写した映像をリアルタイムで館内のモニターに写してくれるというもの。しかもダイビングしながらしゃべってました、このサンタさん。レギュをくわえながらだと思いますが聞き取りやすい声でした。ダイビング特有のシュコーーという排気音もあまり出ていなかったようですし、どういう仕組みなのかな?
IMG_9428.jpg


サンタさん、観客を撮影する。水槽の中からでも結構鮮明にお客さんが写っていました。ということは水槽の魚もこちら側が見えているということか。
IMG_9432.jpg


さて、もう一回アザラシプールに向かいますが、さすがに日が暮れるのが早い。17時には真っ暗です。
IMG_9458.jpg

本日は21時まで開館していますが、夜が更けるに連れ、ファミリー層は低下し、カップル比率が高まってきます。既にカップル:ファミリー:おっさん=8:2:㍉くらなので、おっさん単独客はこの辺でお暇します。


本日のお土産はアザラシフォークを見つけたので、こいつ。
この手の商品は多分マリンワールド海の中道オリジナルでは無いと思いますが、まぁいいや。
IMG_9520_20131229180801c5d.jpg


家に帰って海遊館で買ったスプーンとセットで並べてみました。
IMG_9524.jpg


さて、12月23日の夜。おっさんには良いことも無いので福岡の街に帰ろうと思いますが、マリンワールド海の中道がある国営海ノ中道海浜公園ではクリスマスイベントをやっているようで、幸せそうな人が行き来しています。止せばいいのに何があるか知りたくて行って来ました。次回はそれを紹介します。

いちゃいちゃクリスマスバイカルアザラシ~マリンワールド海の中道④~

2014.01.02(Thu)

2014年になりました。今年も引き続きよろしくお願いいたします。
が、このブログのネタは昨年末のマリンワールド海の中道の話の続きです。。。新年気分では無くて恐縮です(^^;



マリンワールド海の中道にはゴマフアザラシの他にもう一種のアザラシが暮らしています。見に行ってみましょう。



アザラシを見つめるヒトのカップルとヒトを見つめるアザラシのカップル。
IMG_9308.jpg

今日は12月23日。クリスマス直前です。水族館はただでさえ観客に占めるカップル比率が高い施設ですが、季節柄カップル比率が通常の8割り増しくらいに感じます。
通常の水族館はカップル:ファミリー:おっさん=3:6:1位なのに、今日は6:4:・・・あれ、おっさんが見当たらない。。。
そうです、今日はおっさん客が少ない。男性の単独客は私のほか見かけたのは水族館の各水槽の撮影をすごい機材でがんばっている明らかにその筋の方と分かる方が一名いらっしゃっただけでした(;ω;)


そんな中、アザラシまでがカップル同士でいちゃいちゃしていたらおじさん、やってらんない・・・。



、、、というわけにも行かないのでアザラシの紹介。
なんか異様に丸っこいアザラシですがバイカルアザラシという、種類のアザラシ。こいつはマリンピア日本海で見たなー。
IMG_9293_20131229180041465.jpg


仲良く2頭で泳ぐバイカルアザラシ。けっ、チャラチャラしているんじゃねーぞ(;ω;)
IMG_9333_20131229180039309.jpg


2頭で泳ぐバイカルアザラシの動画。はいはい、仲良いですねー。



しかし、、、

こんな嫌そうな顔しなくても。実際に嫌なのかは分かりませんが(^^;
IMG_9328.jpg


そしてここのバイカルは爪が長い。あまり陸に上がらないのかな。あと脇の下がすれちゃっていて可哀想。水中で暮らしているのでアセモということは無いと思いますが。。。
IMG_9337.jpg


バイカルアザラシの人たち。同時にマリンワールドにやってきたカップル。10年間一緒だったら仲良くなりますね。
IMG_9331.jpg


お、なにやら給餌が始まったようです。特にイベント表に時間は書いてなかったから不定期なのかな。運が良い。
二頭で仲良く職員さんのところに集まっていました。
IMG_9410.jpg


指示を受け、2頭並んでガラスの前に来てお客さんの前にやってきました。
IMG_9415_20140105114934880.jpg


職員さんが手でハートを作った合図を送るとと、接吻をば、いたしておりました。
IMG_9417.jpg

いいんですよ、アザラシは指示を受けてただ指示通りに動くと餌をもらえるからやっているわけで。それを見てはしゃぐカップル達が私の難敵になります。良いんですけどね、幸せなことは。

でもバイカルの前にいるとどんどん私のMPが吸い取られ、心が折れそうになるので、もう次行きましょう、次。

あ、でも九州の女の子がアザラシを見て「ばり可愛か~」と言っているのはちょっと可愛かったです。

プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。