一気に雪が

2005.11.30(Wed)

本日の阿寒湖は雪が降り一面真っ白です。
お昼頃に一番降ったようですがあっという間に20cmくらい積もってしまいました。
除雪のブルも出動していました。根雪になるのかな…。
200511_30_57_c0031357_261876.jpg


(↑昼間なのですが雪が降って暗い陰鬱な日でした。そして携帯カメラでごめんなさい。
引越しで荷物にデジカメを放り込んだままなので…。いい加減出さなきゃなー。)
200511_30_57_c0031357_262986.jpg

(↑19時頃の阿寒湖畔温泉街。温泉街も雪が降り人影がまばらでした。
ずいぶんお客さんも少なくなりました。)

関連記事
スポンサーサイト

引越しと朝食会

2005.11.29(Tue)

皆さん、こんばんは。ちょっと更新の間が開いてしまいました。
これは私は今まで阿寒の某所に滞在していたのですが、ここが冬期閉鎖に入るため引越しをしていたのでちとここまで手が回らなかったのですよ。本日新たな引越し先に移りようやく落ち着いたところです。
で、新たな引越し先はなんと無線LANが装備されていました。今までちまちま携帯からここを更新していた身分から一気に常時高速でネットに接続できる身分に昇格しました。無線LAN対応のパソコンを買っておいてよかった~。いやはや。

で、今朝、昨日までいた所では自炊をしていたのでその冷蔵庫の食材を食べつくす最後の朝食会を開きました。メニューはタマゴ・モヤシ入りインスタントラーメン。
タマゴは二つ残っていたので豪華な朝食だったのですが、二個目のタマゴを投入すると、そのタマゴ、双子でした。一つのタマゴに二個の黄身が入っていたのですよね。私は産まれて初めて双子の卵を見ました。ちょっと得した気分になって引越しを前に幸先いいぞと思い、思わず携帯電話のカメラで撮影しました。
200511_29_57_c0031357_1111297.jpg

でもですね、双子の黄身のお味の方は、変にすっぱい味がしました。双子の片方を食べて「まずっ」と思った時、もう片方あるのか~とげんなりしたあのやるせなさ。普通のタマゴの方は普通の味で美味しかったのですが。ちょっとがっかりです。

本日は良い肉の日。私は良い肉どころか肉自体にありつけるかどうかすら危ういところです。
関連記事

とっかりセンターのクイズ大会&モンちゃんのお買い物

2005.11.24(Thu)

 昨日はとっかりセンターのクイズ大会に行ってきました。今回の訪問の詳しい内容は後日サイトのほうに書くとしてこっちには軽く足取り程度に。

 一昨日ここに書き込んだあと、クイズ大会当日に早起きして紋別に向かえるとは思えなかったので移動を開始します。この日は網走泊。寝たのが3時くらいだったので翌朝は寝坊してしまい9時頃紋別に向け出発。10時半頃とっかりセンターに到着。ゲートのところに置いてあったクイズ大会の問題を取って入場します。先客はというと、pramonさんのみでした(^^;いやー、pramonさんとセンター貸し切り状態になるとは思いませんでした。おかげで職員さんやpramonさんとゆっくり話すことができたのが良かったです。職員さん・pramonさん、どうもありがとうございました。
 クイズのほうもなんとか解答し用紙に記入後を提出。結果は嬉しいことに全問正解!プレゼントともにイラスト付きの解答用紙を返却していただきます。その後もセンターに居座り、14時頃とっかりセンターを後にします。
 その後、職員さんが野生アザラシを見かけたというスポットを見に行ってみますが、あっさりといませんでした。そんなこんなで紋別を後にします。

 その後は紋別と阿寒湖の間にある美幌という街で食料を買ったり、夏靴のままこっちにきていたので冬靴を購入したり、車のウォッシャー液を買ったりして阿寒湖に戻ります。阿寒湖についたのが20時半。ご飯食べて、温泉に入って、撮ってきた写真を整理して、ここに書き込もうかとしているうちに、写真の整理で力尽きて寝てしまいました。そういうわけで翌日の昼休みにこれを打っています。

(↓昨日のとっかりセンターでの一コマ。ワモンアザラシのモンちゃんがお土産コーナーのアザラシのぬいぐるみを物色していました。)
200511_24_57_c0031357_1303650.jpg

関連記事

近況報告

2005.11.22(Tue)

札幌に帰って以来なんだかあわただしくて書き込む余裕が無かったので近日のまとめです。
17日、18日研究室の引越し&酒宴
19日、二日酔いと細々した用事を片付ける。
20日、おたる水族館、先日ゴマスケさんのサイトで知った新入荷のクラカケアザラシ
をみようと思っていたのに、忙しさでスコーンと忘れて、冬支度のおたる水族館を眺めて
満足して帰ってくる。食料の買出し。
21日、札幌→阿寒湖。峠は凍結していました。おっかねー。
22日、いつもの研究。阿寒湖もだいぶ白くなっていますがまだ根雪にはなら無そうです。
23日、明日ですが、ぷらもんさんのサイトによるととっかりセンターでクイズ大会が開かれるらしいので行ってこようかな。体調が悪いので行けないかもしれませんが行けたらサイトに載せたいと思います。

 そういえばまだ知床博物館の様子も載せていないし、一昨日のおたる水族館もあるし、明日はとっかりセンターだしネタに埋もれそうです。
関連記事

町境

2005.11.17(Thu)

200511_17_57_c0031357_21522285.jpg


 上の写真は阿寒湖から山を越えて隣町の足寄町というところに行く時の町境に立っているここから阿寒町ですよ~という看板です。雄阿寒岳とマリモが図案化されまさに阿寒町を示すなかなか良いデザインだと思います。
 北海道の主な道が市町村境にかかる場合、このようにその市町村の特色を図案化した「カントリーサイン」と呼ばれるものが立っていて、私はこれを見るのをドライブ中のささやかな楽しみにしています。例えばえりも町はゼニガタアザラシが、札幌市は時計台が図案化されています。道内全部の市町村にあるので(陸に町村境の無い離島町村にもあるらしいですよ)コレクター魂が疼くものがあり、事実このカントリーサインマニアみたいな方もいて結構関連サイトが見つかったりします。

 で、このカントリーサインが市町村境にあるということは、平成の大合併が進められている今日、吸収された市町村のカントリーサインは無くなっていくのかなと思っていたのですがいまいちはっきりしません。10月11日に釧路市に吸収された阿寒町のものは上の写真を撮った11月16日にはまだありましたがすでになくなっている市町村もある様子。撤去して新しいものを立てるのもお金がかかるでしょうし、北海道の場合、合併でべらぼうにでかい市町村ができたので、旧町村境に合併後のカントリーサインがいまいちピンとこない事態もかなりあるでしょうから無理に撤去せずに残しても良いのではないかなと思います。阿寒湖の場合、これから阿寒湖に入るぞ~という境の峠に立っているのが釧路市のカントリーサイン(幣舞橋をデザインしてあるもの)だとやはりしっくりきません。上の写真を撮った国道241号の足寄峠というところから幣舞橋まで100kmくらいあるのですもん。内地感覚でいうと100kmって高崎~東京くらいの距離です。そう考えるとこの大合併ってすさまじいな…。高崎のカントリーサインがダルマじゃなくて東京タワーになるようなもんですもんね。
関連記事

札幌に帰ります

2005.11.16(Wed)

これから札幌に帰ります。また日曜に阿寒に戻ってきますが。

途中鹿を跳ねませんように。私が阿寒でお世話になってる方が昨日鹿を跳ねたそうです。
峠も凍ってませんように。
関連記事

知床博物館

2005.11.14(Mon)

200511_14_57_c0031357_114029.jpg


昨夜アップしたつもりでしたがされていませんでした(^^;昨日の日曜の気分で読んでくださいm(__)m

(今日の写真は知床博物館に展示してあったアザラシ皮のコートです。)
 皆さんこんばんは。あらかじめ断っておきますが、今日は日記的な内容です。長文ですがあまり内容もないです(^^;では本文。
 私は昨日の土曜日に出勤していたため、月曜がその分の振り替え休日になりました。というわけでそろそろ本格的に雪も降るし今年最後の遠出だと思い、日曜に知床を回って網走泊、翌月曜日には平日のあまりお客さんのあまりいないとっかりセンターを楽しむという遠大な計画を立てました。
 が、どうも昨夜から体調が万全ではないので、どうしよっかなと思ってウダウダしているうちに13時。私は知床にあまり魅力を感じないですし、すぐ行けるような所にいるので「絶対行くぞー」って気がしないのでこんな時間になってしまいました。知床峠も先週で冬期閉鎖になっちゃったみたいですし。それでも前から気になっていた斜里の知床博物館には行きたかったので、13時半頃重い腰を上げ阿寒湖を出発。北東の斜里町に向かいます。
 15時過ぎ斜里に着き早速知床博物館へ。さすがに地元から絶大な信頼を得て、評判の高い知床博物館、展示内容は素晴らしかったです。アザラシ的には剥製はもちろん骨格標本、頭骨の標本、アイヌ民族とのかかわりや近代以降の漁業の内容まであり大変勉強になりました。生きているアザラシはいませんが、流氷が押し寄せアザラシ達がたくさん訪れる場所の博物館だけありますね。ここの展示を見て以前から温めていた「道内の博物館などのアザラシ展示」をサイトで扱う決心がつきました。近日知床博物館の詳細に付いては一本立ちしたコーナーを作るので詳細はそちらに載せるのでここでは割愛します。
 一時間半くらい博物館をウロウロし、博物館で販売していた海獣狩猟の資料や知床の哺乳類に関する小冊子を買って宿泊地の網走に向かいます。が、どうも体調が下降気味。喉が痛くいて頭も痛いのですね。車の暖房を強くしても変な寒気がするし。というわけで体調が悪いまま苦行のように翌日とっかりセンターを訪れるのは気が引けたので阿寒湖に引き上げることにしました。とっかりセンターのとっかり共の顔を見れないのは残念です。が、翌月曜は雪が降るかもの予報が出ていますし寒い中こっちがドロドロの状態でセンターにいってもきっと全力で楽しめないでしょうし、楽しめないなら行かない方がマシですし。まぁありがたいことにとっかりセンターは行こうと思えば、結構楽にいける場所なので…(^^;
 斜里から阿寒までは途中喉消毒用のウィスキーを買ったほかは、車の暖房でボーっとしつつ先行の車にもっさり着いて行くうちにいつの間にやら阿寒湖に着いたという印象しか残っていません。夜だったし。これでいいのかな(^^;

 明日は最初に書いた通りお休みです。体調も悪いので引きこもりの予定ですが、できれば記憶が新しいうちに知床博物館のコーナーを作ってしまいたいなと思っています。
関連記事

初雪&ラムサール条約締結

2005.11.09(Wed)

200511_09_57_c0031357_22445587.jpg


皆さんこんばんは、今朝は札幌では初雪が降ったようですね。阿寒湖は雪こそ降らなかったものの水溜りには氷が張っていました。雄阿寒岳も頂上から3合目くらいまで白くなってしまいました。雪というより霜で白くなったのかな?今日の写真はその雄阿寒岳です。いつもの阿寒湖畔まで行く時間的な余裕が無かったので温泉街からちょちょっと撮影しました。

 さてさて、昨日、国内からラムサール条約に20箇所もの場所が登録されました。今までの国内のラムサール条約登録地は13箇所だってので一気に倍増以上です。今回の追加登録で気になる場所はマリモ的には阿寒湖、アザラシ的には野付半島・風蓮湖ですね。野付半島は水鳥の豊富な土地なのでわかりやすいですが、阿寒湖のほうでは「阿寒湖で水鳥??」といったもんですよね。

 阿寒湖はマリモが前に出ていて鳥の影はうすいですが、カモやハクチョウはやってきますし、オオワシもたまに見かけます。が、山岳湖沼ですし冬は全面結氷しますので渡り鳥の数はあまり多くないです。むしろ隣町の屈斜路湖のほうが多いような気すらします(^^; それでも阿寒湖が登録されたというのはラムサール条約の意義が広義にわたるようになり阿寒湖の生態系が評価されたことと、もう一つは申請側の事情として阿寒湖の大部分は立ち入りが制限されていて保全しやすいということからなのでしょうね。

 野付半島・風蓮湖は9月に行きましたが、アオサギが鈴なりにいて、結構な数のタンチョウも餌を食っていたのが印象に残っています。まさしくラムサール条約のためにあるような場所だなぁ。水鳥とアザラシは直接は関係なさそうですが、野付ではアザラシのすぐ後ろでアオサギが餌を獲っていたりいました。ですから鳥達の生息場所を守るようになればアザラシたちの生活場も便乗して守られるかもしれませんね。まずは喜ばしいことです。

 で、地元の反応はというと、野付・風蓮の方はかなり盛り上がっているらしく役場から垂れ幕を下げたりしているみたいですね。一方、阿寒湖の方はまったく盛り上がっていません(^^;確かに先月釧路市と合併して阿寒湖あっての阿寒町ではなくなったのですが、もうちょっと何かしてみたら?と部外者の私が言いたくなるくらいです。やはり今まででも観光客が来ている場所で、かつ登録地のほとんどは現在すでに立ち入り制限されておりこれ以上登録地を保全しろといわれてもどうするのよ、といった様な背景があるのでしょうか?
 ラムサール条約に登録されて知名度が上がるといっても阿寒湖の場合、今でも知名度はかなりありますし。野付や風蓮はこの登録で名を上げるという気概もあるようですが、阿寒湖場合はどうも…(^^;

今の阿寒湖はそんな雰囲気です。
関連記事

いろいろ更新しました

2005.11.06(Sun)

 先日閉館したひろお水族館をはじめ数施設の紹介、とっかりセンターの動画のアップ、トップページの更新などをして一気に溜まっていた更新を行いました。ここ数日忙しかったのに加え、前からアップしようと思いパソコンに溜まってたデータを全部アップしました。

 アザラシの待ち受け画像コーナーも作りましたがお気に召したものがあり使っていただけたら幸いです。このコーナーは次の企画の布石でして、次の企画は 2006年アザラシカレンダーの作成です。ここ2、3年アザラシカレンダーを欲しいと思いロフトやら紀伊国屋やらを駆けずり回った記憶がありますが動物は犬猫物ばかりでアザラシ物は見つからなかったのですよ。
 無いなら自分で作ってしまえというわけで来年は自作したアザラシカレンダーで乗り切る予定です。好きな写真を使えるので結構カレンダーを自分で作っている人多そうですが…。
 今年はアザラシを見に行きまくり写真の数だけはあるのでその中から気に入った写真を選んでいます。できれば北海道各地のアザラシを使ったバージョン、とっかりセンターバージョン、コムケバージョンと数種類作ったり、冬の月は髭まで凍らせたり雪の上で転がっている写真、春は出産シーズンなので子供の写真、夏は夏ばてをしている写真を使って季節感を演出したりなんてことを企んでおります。

 問題は作る時間があるかですが、作ろうと思ったら無理にでも時間を作って何とかしてしまうのでしょうね。うまくできたらサイトのほうでもばら撒きたいと思っております。 (当初のタイトルがアレだったので後日変更)
関連記事

広尾につきました

2005.11.02(Wed)

ちんたら走っていながらもただいま広尾にいます。北海道、広そうに見えても一日あれば端から端まで行けるくらいの小さな島です。
今日は鹿とキタキツネに運転中によく逢いました。鹿が路肩にいるときは出てくるなよ~と念じながら通過します。が、一度エゾシカの横断で停止しました。危ないって・・(^^;ライトで照らされるとパニックになるんでしょうね。
キツネも道を横断して走り抜けてくれれば良いのにUターンして車道に戻ってくるやつがいたりして急ブレーキを踏む事数度です。
彼等の行動パターンは読めないので人間より恐いですね。
ではでは襟裳へ向かいますか。
関連記事

ひろお水族館閉館

2005.11.02(Wed)

ひろお水族館はアザラシの保護活動の先駆的施設としてその筋では有名な施設です。明日はその閉館日ですが私としては夏の訪問でひろお水族館とは折り合いをつけたつもりで、明日の休日は未訪問のおびひろ動物園かコムケのいるOホーツクTっかりセンターに行こうかなと考えていました。

 が、ゴマスケさんの運営するアザラシMLでひろお水族館に行かれた方が投稿をしておりそのメールを読んでむくむく行きたくなって来ました。

 というわけで広尾に行ってきます。一回行くと決めるといろいろ欲が出てくるわけで夏は不調だった襟裳岬のリベンジ、そして今年度の営業が明日で終了するおびひろ動物園も一気に訪れたいという気持ちです。

 プランとしてはこれから阿寒を出て23時頃襟裳岬着、テントを持ってきてないので車で仮眠、日の出と同時に襟裳のアザラシを観察したあと広尾に向け出発、ひろお水族館の開館と同時に入館し、混雑する前に引き上げ、おびひろ動物園に向かうという計画です。

 車内泊が寒いかなーと思いますが、寝袋もあるし何とかなるかな。広尾のほうは暖かそうだし。というわけで行ってきます。エゾシカをはねませんように…。
関連記事

エゾリスと雄阿寒岳

2005.11.02(Wed)

 こんにちは、昼休みに写真を整理しながらもブログを作っています。久々に長文になりそうです。

 先回少し触れた通り、久しぶりに阿寒湖に戻ってきたので昨日の朝、温泉街からボッケまでの遊歩道を散歩をしてきました。
 遊歩道に入ったとたん風も無いのに枯葉が落ちてきたので上を見上げるとエゾリスがいました。しかも近くに3匹ほど。カメラを持っていたので写真を撮ろうと思ったのですがこいつらの素早い動きを追うのは大変でした。大きく撮りたいので望遠にして撮るわけでですが、望遠にすると動きが速いのであっという間にファインダーから消えてしまいます。一匹に狙いを定めて追いかけること5分くらい、ようやく撮れた写真です。
200511_02_57_c0031357_1311815.jpg

 エゾリスは阿寒では結構見かけるのですが遊歩道上にまで降りてきたのは初めて見ました。北海道では公園じみたちょっとした森でさえ、朝の人間にまだ荒らされていない時間に入れば意外なほど動物を見かけることができます。北海道に来た際には少し早起きをして動物見物に出かけるのも良いかもしれません。
200511_02_57_c0031357_1311193.jpg

 エゾリスと別れ遊歩道を進み、ボッケに向かいます。ボッケってこのブログで取り上げたことあったかな?ボッケというのは地面からぼこぼこ温泉が湧き出しておりその影響で付近は暖かくボッケ付近の阿寒湖は真冬でも氷が張りません。
200511_02_57_c0031357_13114559.jpg

  さて森を抜け出しボッケ周辺に入ったとたんに周辺の音が変わりました。というのは、森の中の音は鳥の鳴き声がすべてなのですが、ボッケ周辺は虫の鳴く音が主な音でした。この音の変化は鮮やかなものです。ボッケは地熱の影響か草も茂っており虫の鳴く音もするので秋の風情でした。写真はボッケ付近の湖面から湯気が立っている写真です。周りの湖水より温かいのでしょう。

 で、湖畔に出て雄阿寒岳を望みます。雄阿寒岳はまだ冠雪していなかったのはちと意外。朝のうちだったので風もなく湖面も静かです。雄阿寒岳の紅葉もすっかり終わってしまったようです。先日と写真を見比べてみてください。
200511_02_57_c0031357_13112857.jpg


 そうそう、今日の朝に温泉街からチラッと雌阿寒岳を見ましたが雌阿寒のほうは冠雪していました。雌阿寒岳は温泉街からはほとんど直接見ることができないのでこんな写真ですが(^^;移っている建物はホテルです。こういう背の高い建物が多いのでますます雌阿寒岳が見えないです。雌阿寒岳は活火山なのでまだ蒸気を上げています。

200511_02_57_c0031357_13115374.jpg

関連記事

阿寒に戻ってきました

2005.11.01(Tue)


さて昨日阿寒湖に戻ってきた管理人ですが、昨日の夜に着いたので阿寒湖の様子は今日になって見ました。改めて見ますと紅葉も残り滓みたいのが多少ぶら下がっている程度になっていました。車に乗るときに見たら、降りた露が凍って霜になっていました。さすがに札幌より寒い。

散歩がてら湖畔まで歩いてきたのですが、エゾリスを見たりなかなか楽しかったのですが携帯から送るのはしんどいのでそれはまた明日(^^)
(今日の写真は車のフロントガラスにくっついていた霜です。思わず写真に撮ってしまいました)200511_01_57_c0031357_195922.jpg

関連記事

プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。