北海道に行ってきました

2007.09.18(Tue)

皆さん、お久しぶりです。管理人は先週から北海道に行ってまいりました。
もちろんアザラシ関係が第一の目的です。今回の旅行の一番の目的は大黒島のリベンジです。しかし結果から申し上げますと今回も天候不順のため大黒島には退けられてしまいました。
その他野生アザラシ生息地は風蓮湖、野付半島を回ってきましたが、一応アザラシを確認することはできたものの、既にサイトに上がっている訪問記録、2005年9月17日の記録に比べ、どちらもアザラシ的には不作。ですが、情報提供の意味もありますし、野付・風蓮湖はサイトに上げようと思います。その他飼育アザラシ関係ではおたる水族館・とっかりセンターに行ってまいりました。こちらもいずれサイトにアップする予定です。
その他、冬に向けてアザラシ見学のできそうな生息地の情報を仕入れたり、アザラシ愛好家の皆様と交流できたりと、次回の訪問に向けて有意義な情報を手にいれることのできた旅行だったと思います。

アザラシ以外では充実した旅行でした。厚岸の漁協で牡蠣や北寄を食べたり、釧路で新鮮な魚介の炉端を食べたり、連日に渡り生さんま寿司を食べたり、鮭の遡上を見たり、ビルクやホタテドラフトを飲んだり。
DSCF4614.jpg
↑ビルクとホタテドラフト。ビルクは牛乳、ホタテドラフトはホタテの貝柱入りの発泡酒。ビルクのほうはほのかに牛乳臭さ(ヨーグルト臭さ)があったものの、ホタテドラフトはあまりホタテっぽい味はありませんでした。どちらも飲みやすい発泡酒でした。

IMG_5901.jpg
↑あまりはっきりと写っておりませんが、遡上する鮭たち。道東の秋の風物詩の一つですね。標津川にて。


さてこれから寒くなるにつれ北海道はアザラシシーズンを迎えます。私も残業代を全て飛行機代に注ぎ込む勢いで訪問のペースを上げる予定です。

関連記事
スポンサーサイト

抜海港のコーナーを作りました

2007.09.09(Sun)

トップページに掲載しているとおり、抜海港の野生ゴマフアザラシのページを作成いたしました。今週末はこのページ作成に明け暮れていました。
金曜の夜から作成に取り掛かっていました。なんとしてもこの週末に抜海のページを何とかすると堅く決めていました。
まず取り掛かったのが、(今回のページ作成で一番精神的に大変な作業だったのですが)サイトに掲載する写真の選別。特に3月4日は快晴でかつ朝と昼二回行っているので写真の量が非常に多いのです。下手な鉄砲数打てば当たるの理論で撮ってきた写真は600枚以上。これからサイトで使う30枚程度を選別するのはなかなか大変です。これに加え動画の圧縮作業が加わります。ツタヤで借りてきたCDを聞きながら朝方まで選別していました。このとき聞いていたのは山口百恵トリビュートアルバムとさだまさしの恋文。
翌朝からはページの構成を決め、3月4日の分から文を打っていくのですがどうもキーボードの調子が悪い。なんも触らなくても「U」の文字が連続して打たれていきます。私のキーボードは札幌在住時の4年位前に100円で買ったジャンク品です。ついに寿命が来たようです。そこでキーボードを買いに横須賀のハードオフまで行ってきました。今回のキーボードも200円のジャンク品。(でもちゃんと使えているのでこうやって抜海コーナーを公開しこの文を打っているわけです。)しかし土曜日は天気が良かったので家に帰ってサイトを作る気にならずそのまま三浦半島のほうまで行ってきました。
さて夜から再びサイト作成。まずは3月4日の抜海コーナーです。CurtisFullerやBill Evans Trio等のジャズの名盤を聞きつつコーヒーを飲みながらアザラシの写真や半年前の記憶と取っ組み合いました。私にしては調子よく2時間くらいで一応の完成。ちょっと寝かしたのち推敲しなおします。
続いては3月7日の抜海港のコーナーです。こいつも調子よく作業は進んでいたのですが、作業後30分くらいしたときにエラーが発生。やる気は途端に削がれます。皆さんもわかると思いますが、ワードとかで苦労して作ったものが訳わからんエラーで無に帰するときのやる気をそがれる感じです。
飲まなきゃやってらんねーと思ったのですが酒を切らしていたので、酒屋へゴー。23時閉店間際に、いっちばん安く私が一番お世話になっているブラックニッカを買ってきました。こいつは最近ビンとラベルのデザインが変わってあんまり安っぽい見た目じゃなくなってしまいました。
さて家に帰りウィスキーをやりながら3/7のコーナーの作成に取り掛かります。このときの音楽は中嶋美嘉「True」と三波春夫「歌芸の軌跡・三波春夫曲全集」。こちらも2時間くらいで完成です。
あとはサイト内のリンクをいじったり、「野生アザラシ生息地の紹介」コーナーを更新したり、もう一度文を推敲し直したりして、サーバに上げれば作業は終わりです。

上のような作業を経て抜海港の二つのコーナーを作りました。抜海のアザラシ写真は山口百恵とさだまさしっぽく、3月4日の抜海コーナーはCurtisFullerとBill Evansっぽく、3月7日のコーナーは中嶋美嘉と三波春夫っぽくなっているかもしれません。

ここまで一気に抜海を仕上げた理由というのは、来週私は遅めの夏休みを取り、北海道に行き、野生のアザラシを見てくる予定を入れてあります。ですので、過去の野生アザラシネタを整理したかったというのが大きな理由です。

さて、一人で過ごす週末もよく考えると久しぶりです。最近の週末は仕事や同僚・友人と出かけたり再会したりする週末が多かったので…。来週末は北海道、翌週は新潟に戻ってじいさんの見舞いと稲刈りかな?そして再び研修がありますし。

あ、話は変わりますが今日、明日は新潟の片貝という集落でギネスブックにも載っている四尺玉の花火が上がるお祭があります。片貝は小さな集落ですが、四尺玉に加え、三尺玉を連発してみたり、真昼に上げてみたりする花火界においてはメジャーな集落です。お近くの方は一見の価値ありです。私も見たこと無いのですが…。私が今まで見た最大の玉は三尺ですが、それでもものすごいデカさの光と音でした。人口密集地の花火大会は小玉が数多く上がる物が多いと思いますが大輪がどかんと開く花火も良いです。
関連記事

プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。