2007年最後のアザラシ旅行の簡単なご報告

2007.12.25(Tue)

皆様こんばんは。
無事4日間のアザラシ旅行を終え、羽田行きの飛行機に乗るべく女満別空港に戻ってきた管理人です。
魂の洗濯をする事ができました。今からきったねー東京に帰ります。

今回の旅行は点数で換算すると95点といったところでしょうか。
とっかりセンターのクリスマスも野生のアザラシも見てきました。
例によってサイトに挙げるとは思いますが、
アップがいつになるかわからないので、軽く振り返ります。

12月22日 朝九時半頃、女満別空港着、レンタカーを借りて能取岬へ。胸の高さまでくる藪をこぎこぎ30~40分歩きます。
岬近くの断崖の上から遊泳中の野生ゴマフアザラシを10頭程度確認しました。その後、知床半島のウトロ方面へ。
移動中に国道からオオワシを数羽見かけました。知床ではいろんな施設で周辺のアザラシ情報を収集。

12月23日 何箇所か知床半島の岩場を廻るもアザラシは確認できませんでした。シーズンが早いことに加え、
今年はアザラシの目撃が少ないとの情報もあるので早々に知床は切り上げ。再び網走方面へ移動します。
移動中には22日を上回る数のオオワシを見かけました。彼らは国道脇に普通にいるので天然記念物の貴重さはありません。
そこが北海道オホーツク海側のすごいところでもあります。オジロは少なかったです。
知床のオオワシ
↑国道沿いにいたオオワシ

お昼には網走に戻り、再び能取岬方面へ。
今度は9月に訪れた際に目をつけていた岩場にアザラシが上がっているかを確認しにいきます。
雪の積もった森の中を一時間ほどうろうろした後、岩場に到着。
5~6頭のゴマフアザラシが上陸しているのを確認し、喜びます。
遊泳しているアザラシも多数おりました。
網走泊。
能取の野生ゴマフ
↑岩場に上がる能取の野生ゴマフアザラシです。

12月24日 朝、23日に訪れたアザラシが上がっていた岩場を再び訪問。本日は20頭近くが上陸していました。
天気が良かったからかな。上がっていたのは多分すべてゴマフアザラシです。(この日の上陸写真はサイトにあげます。上の写真は前日の物です。)
午後紋別に移動し、とっかりセンターのクリスマスイベントに参加。コムケサンタをうほうほで見守ります。
IMG_7041.jpg
↑メスなのにいかつい顔のサンタさんになっているコムケ。
職員さんともセンターの様子やアザラシの具合、仕事の具合などのお互い近況報告。
またガリンコ号ステーションにて野生のゴマフアザラシを見ました。
(事前情報を下さったあやさん、ありがとうございました。。)
この日は暗くなるまでアザラシを堪能。紋別泊です。

12月25日 午前中の早い時間はとっかりセンターを訪問します。帰りは女満別空港から飛び立ちます。
その空港への移動中にサロマ湖に寄り、かなり遠くでしたがアザラシの頭を確認しました。おそらくゴマフかな?サイトに載せるには厳しい距離でした。
20時20分発の女満別空港発の便で羽田に戻ります。

今回の旅行は以上のようなものでした。岩場に上がる野生のアザラシも見られたし、とっかりセンターも
楽しめましたし、知床のアザラシ情報も手に入れたし、オオワシも見られたし、満足いたしました。
始めのほうに95点と書きましたが、あと5点は次回のお楽しみのようなものです。

紋別網走知床方面での次回の目標や楽しみにしているところ。
・知床半島でのアザラシ。
・サロマ湖でのアザラシ。
・とっかりセンターが改修中なので、改修後どんな施設になるのか。

また来る理由、また来たいと思える動機が残っているのは幸せなことです。
関連記事
スポンサーサイト

出発4日前

2007.12.19(Wed)

週末からはアザラシ旅行。社会人になってボーナスを貰い通常の給料を貰い、年末の調整?かなんかで3万円を再び貰い人生最良の懐具合で北海道入りです。先回のエントリにも書きましたが今回は女満別方面。今回はこのサイトでは触れてこなかった知床方面に出っ張ります。
流氷が降りてくる前の少し前のこの季節に知床でアザラシを見られることができるか、このワクワク感がいいです。知床というとアザラシがうじゃうじゃいそうなイメージですが、簡単に確実に会える場所は案外無いのではと思います。ネットで検索しても流氷の上にいたアザラシや港に偶然(?)入ってきたアザラシの情報はゴロゴロありますが、上陸しているアザラシ情報はあまり無いのではと思います。いるかな~?

そういえば何度かアザラシの文と写真を掲載して頂いている雑誌FENEKからまた依頼がありましたのでアザラシの話を書きました。今回の特集は「2008年50人のアウトドア」という特集です。私のアザラシ行脚が果たしていわゆるアウトドアの範疇に入るのか大いに疑問が残りますが、それはともかく私は「北海道にアザラシが上がるのではと思っている場所が何ヶ所かあるのでそこに行ってアザラシを見てみたい」というようなことを書きました。
今回の知床もそんな場所です、まだ2007年だけど。また知床~紋別間の海岸にも能取岬をはじめ何ヶ所かアザラシの上がるのではと目をつけている場所があるのでその辺も見てきたいと思います。

FENEKのサイトを見てみたらもう既に発売されているようです。何人かのアウトドアがサイトで紹介されていました。「一攫千金の全国砂金めぐり男。」「漂流物からお宝探し。」「蟻飼育に只今熱中。」「達人が教える憧れのサクラマス必釣法。」「道の駅達人選「3つ星の道の駅」。」「石ころをアートにする芸術家。」かなり広いアウトドアの定義のようで安心しました。「北海道の真冬の大荒れ日本海でアザラシを追い掛け回す男」などとサイトには掲載されていなくて良かったです。
関連記事

冬到来+とっかりクリスマス

2007.12.15(Sat)

12月も半ばを過ぎ、北海道も本格的なアザラシシーズンに入っていることでしょう。私も日々忘年会に追われるなか、しっかりと北海道行きの計画を煮詰めております。まず今シーズンの第一発と本年のアザラシ納めを兼ね、来週の三連休に+1日の年休を取得し北に向かいます。羽田空港出発なので今回は札幌行きではなく女満別行きの飛行機のチケットを取りました。
またとっかりセンターは例年どおりクリスマスイベントをやるようでこれも見てきたいものです。→オホーツクとっかりセンター
今とっかりセンターのサイトを見てみたらワモンアザラシのちっこいのが保護されたようですね。体重が12kgといえばワモンアザラシのこむすびよりだいぶ小柄なような。あいつはちょっと肥満気味ですが20kg以上あったと前にお伺いしました。ということはまだ幼い個体なのかな?その辺も伺ってこようと思います。
そういえば秋に行ったとっかりセンターの様子をまだまとめてないですね。野付半島の分もまだだし…。どうしたものか。野付からサイトにアップしよう。そうしよう。働き出すとほんとにサイトに割く時間が減ってしまいました。もうちょっと効率よく作ろう。そうしよう。
関連記事

アザラシキシリッシュ

2007.12.05(Wed)

20071205130149
今朝知人からアザラシ絵柄になっているキシリッシュのボトル写真をいただきました。
早速職場のコンビニで買いました。白いアザラシがそりに乗っているちょっとメルヘンな図です。もこもこ後足が良いですなあ。あと人間にもこういう顔の人もいますね。
関連記事

プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。