抜海港のアザラシが増えたのは流氷の減少が原因??(3/10修整)

2009.02.27(Fri)

当サイトの掲示板を通じて(ココペリさんありがとうございました。)最近のマスコミの記事で
抜海や焼尻など日本海側でアザラシが減少している理由について説明しているモノがあるという情報をいただきました。

記事の主旨は「流氷が減少し、以前は、流氷がびっしり張り詰めて潜りにくい宗谷海峡を越えられなかったが、流氷が減って日本海へ行きやすくなった。それゆえにアザラシの宗谷海峡の往来が容易になり、餌が豊富な日本海側への行くのも簡単になった。そのような事情で日本海側に現れるアザラシの数も増えた」というものです。(http://www.hokkaido-np.co.jp/news/environment/146798.htm
http://sankei.jp.msn.com/science/science/090129/scn0901290328000-n1.htm


でもですね、この論法は私はすんなりとは納得できませんでした。

私の実際に抜海を訪れた経験では、アザラシは11月くらいから抜海にやってきております(http://marimo.xrea.jp/seal/bakkai/bakkai200611.html)。、1月の初旬にはもう数百頭の群れになっていました(http://marimo.xrea.jp/seal/bakkai/bakkai20080111.html)。

一方、流氷がオホーツク海に大挙してやってくるのは1月の半ば~2月前半。(流氷初日の平年値は紋別でさえ1/22、抜海に近い稚内は2/10。観測を開始した1946年以来の極値をとっても稚内の流氷初日は1/8。しかも極値が観測されたのは2001年であり、温暖化が進んでいるはずの年代のかなり最近。まぁこういった統計情報はいくらでも都合のよい数値をぽっと出すことができますので騙されないようにしないとですね。ただ平年値はごまかしようがありませんが。。。)
いくら流氷が減ってきているとはいえ、30年位前でもアザラシが増えている12月中に流氷初日というのは無かったことだと思います。

ですから現在でも過去でも流氷が押し寄せてきているシーズンの前に、抜海のアザラシは急増しているわけで、流氷が宗谷海峡を封鎖しなくなってきたから抜海に来るようになった、というのが腑に落ちないのはこんな事情です。
また稚内で流氷が観測される期間の平年値は1年辺り30日(紋別は74日、網走は87日)。
この数値からも、もともと流氷は稚内にはあまり来ていなかったような気がします。稚内の流氷の接岸期間は極値をとっても最大73日ですし。
また宗谷海峡を流氷が塞いだ日数の統計データの推移等も見ないと流氷減少→流氷が宗谷海峡を封鎖しなくなった→日本海側にアザラシ増加とはならないですよね。

いや、説を真っ向から否定する気は無いです。何か学会とかシンポだったら質疑応答の際に手を上げて疑問をぶつけてみたい、そんな程度の疑問なんですけどね。
どんな理由にせよ抜海でアザラシが増えているのは事実でしょうし、原因の究明と漁業とアザラシの両立ができたらいいなと思います。


(初版を酔っ払って書きなぐったせいかあまりにも目に余る誤字脱字が多かったので3/10に訂正しました。)
関連記事
スポンサーサイト

牡蠣食べ放題

2009.02.25(Wed)

先週末、松島の牡蠣小屋で牡蠣食べ放題をやってきました。牡蠣は私の好きな食べ物の中でも最も好きな食べ物の一つです。それが食べ放題なのですからたまりません。料金は45分食べ放題で2000円。
牡蠣食べ放題といっても、料理はシンプル。鉄板の上で焼く焼き牡蠣のみの食べ放題です。牡蠣フライ等はありません。

早速、席に着くとお兄さんがスコップで牡蠣を運んできて鉄板の上にざらざらと牡蠣を置いてくれます。焼きあがってくるとおばちゃんが牡蠣のむき方食べ方をレクチャーしてくれて牡蠣の食べ放題開始!IMG_7065.jpg

始めは快調に飛ばします。殻を開くと濃厚な海の香り、海水とともに旨みたっぷりの濃厚な味わいの牡蠣がたまりません。あんまり焼けていなくても強引に牡蠣を剥いて食べていました。今思えばこれが後半戦に響いてきたと思います。
40個を食べた辺りから徐々に苦しくなってきます。お腹が一杯というわけではないのですが単調な濃い味に飽きが来るような不思議感じです。それでもすでに鉄板の上で焼けている牡蠣を無駄にするのは心苦しいので必死に食べます。
鉄板の上の牡蠣がなくなった時点で私の記録は62個。お腹は変な膨張感を感じますがひとまず残りを出さなくて済んだのでほっとします。前半に飛ばしたときの海水の水分と濃い味にやられた感じです。この食べ放題、焼き牡蠣オンリーで調味料等も特に無いので延々と海水の牡蠣の味と格闘することになります。牡蠣フライや牡蠣ご飯などがあればまた記録は違ったかもしれませんがそれはしょうがない。せめて調味料が何かあればもうちょっとがんばれたかもしれません。

牡蠣小屋のおばちゃんによると先日若い女性が123個という記録を作ったとのこと。うーん、私の約2倍と考えるとすごいです。標準男性で50~60個とのこと。今回は野郎どもだけで行ったのですが大体40~50個食べたようです。

焼き牡蠣はしばらく食べなくていいと思える食べ放題ですが、やっぱり水でお腹が膨れていたからでしょうか。仙台駅前の天下一品に寄ってどろっとしたラーメンを食べて帰りました。
2000円で牡蠣食べ放題、牡蠣好きな方にはいいとおもいます。でもあまり食べ放題を何度もやりたい食材ではないのも事実。普通に頼んでちょっと足りないくらいに抑えておくのがいい食材かもしれません。。。(^^;
関連記事

いきなりのお詫び…

2009.02.01(Sun)

昨年最後のここの投稿に「今後も一月一ページは最低でも更新したいと思っております」と書いたものの、翌月の1月、いきなり一月一ページ更新目標が達成できませんでした。非常に申し訳ないです。。。今月は土日もどっちか出勤とか多かったですし、なんだかんだだらだらしてしまいました。
やっぱり平日でもちょこちょこ作っていかないといつまでたっても完成しませんね。

さて、現在作成中の次のコーナーは昨年の2月の稚内行きの様子です。何とか訪問して一年以内に公開したいと思います。
関連記事

プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。