蛍の光

2012.12.31(Mon)

紅白も終わって2012年もゆく年くる年を残すのみですね。今年は横浜で年越しです。ゆく年くる年はなんとも言えない穏やかな気持ちになります。

私も近所の地蔵尊に詣って参ります。
関連記事
スポンサーサイト

お正月料理と年末のご挨拶

2012.12.31(Mon)

今年ももうすぐ終わり。正月を迎えるおせち料理。



栗きんとん。サツマイモは我が家のもの。なかなか綺麗な淡い黄色が出ました。
IMG_7017.jpg



田作り。生落花生を炒った物と合わせた変り種。これがなかなか香ばしくておいしい。正月前につまみ食い。
IMG_7011.jpg


はりはり漬けは畑で収穫した大根を切り干し大根にして、それを漬けたもの。ラベルも自家製。大根の絵と文字は妻が描いてくれました。
IMG_7012.jpg


2012年は久しぶりに北海道にも行ってアザラシを見られましたし、富士山にも登ったし、沖縄でダイビングもして、ゼンマイもとりました。
来年はこうしたい、、、という大それた希望はあまり無く、家族やアザラシや世の中が平穏で暮らせればそれでいいのですが、出来たら2~5月に北海道で野生のアザラシを追いかけたいです。あと二ヶ月にいっぺんくらいは本サイトも更新したいです。

どうぞ来年もよろしくお願いいたします。
関連記事

冬の公園

2012.12.30(Sun)

晴れた冬の日、なんと言うことの無い都市近郊の公園をタラタラ歩きながら目に付いた生き物の写真を撮る、、、そんなじいさんじみたことに憧れを持っていました。
私の生まれた新潟や大学の札幌では冬の公園は凍てついており、散歩はむしろ苦痛。。。まずあまり晴れませんし。横浜に来ても何か普段から慌しく公園に行くような時間も無いですし。

が、御用納めも過ぎて仕事はひとまずは休戦モード。そんな欲求を満たすには絶好の日取りです。
冬の公園の散歩。せっかく行くならカモくらいは見たい。野性味はそこそこでいいですが、かといって子どもたちに占領されているような狭い公園ではなく、欲を言えば楽に行けるような車の駐車場も欲しい。

そんな公園無いかなーと思って検索したら、家から車で15分くらいのところに「こども自然公園」というものがあるのを見つけました。池もあるようでカモも期待できます。「年寄りのような公園散歩」をここで決行することにして出かけてまいりました。

横浜市旭区のこども自然公園。典型的な都市公園で、横浜市が管理しています。↑のニーズにはいい感じです。こういうのを求めていました!適度な大きさの池もあるし。駐車場も2時間まで300円。
IMG_4824_edited-1.jpg

ランニングしたり犬の散歩をしている人が多数。思い思いに冬の休日を楽しんでいます。

まずは池の周りでカモを追いかけることにしました。カモはまぁカルガモしかいませんでしたが。カルガモもじっくり見ていると面白い。水に潜って底の藻でも食っているんでしょうかね、浮かび上がってくると頭に水玉を乗っけてすまし顔で泳いでいます。よく水を弾く羽毛です。だから鴨鍋にすると脂の玉が浮く理由がわかる気がします。
IMG_4837_edited-1.jpg


カモはくちばしから頭に掛けてのラインが可愛い。いつも見て見ぬふりをして泳いでいます。
IMG_4792_edited-1.jpg


まるまっこい尻をふりふり水に潜って何かを食ってた。
IMG_4833_edited-1.jpg


ふと水路沿いに人気者のカワセミ。初めて行った公園で見られると思いませんでしたが案外増えていますからね。やっぱり綺麗。
IMG_4702_edited-1.jpg


人気の少ない公園の通路にはシジュウカラが集まって、街路樹の実を一生懸命食っていました。殻が硬いらしく悪戦苦闘していましたが器用に食べています。
IMG_4743_edited-1.jpg


小枝の上に実を運び込んで食べているシジュウカラ。器用なもんです。こういうのをぼんやり20分くらい観察できるのがまた至福のひと時。
IMG_4767_edited-1.jpg


寒くて誰も座ることの無い冬のベンチの上にモズのメス(かな?)。こういうの冬の公園ぽくていいですね。ちょっと日が傾いてきてもの悲しい感じがするのがまた“冬”です。
IMG_4697_edited-1.jpg


森の梢のほうからキツツキのドラミングのような音がするので、コゲラでもいるのかと思って探したらこいつがいました。タイワンリスです。横浜近郊で増えていると聞きましたし、私自身鎌倉の鶴岡八幡宮でも見かけましたが、横浜の北側の旭区辺りにもいるんですね。外来生物法では特定外来生物に指定されています。やっぱりエゾリスとは違うなぁ。ニホンリスよりは大きいですがエゾリスよりはちっこい印象です。
IMG_4802_edited-1.jpg

日が暮れてくると一気に冷え込んできます。人気も少なくなって来ており私も帰ります。鼻の奥がつんと痛くなるような哀愁を感じる強い冬の匂いも堪りませんね。なかなかしっとりとした冬の休日でした。
関連記事

根雪一歩手前

2012.12.29(Sat)

12月の半ばに風邪を引いてしまいクリスマスも寝込んで、なんとなく慌しくしているうちに御用納めも過ぎてしまいました。のであまり更新も多くない12月になってしまいました。

写真は雪に降られてしまった新潟の畑の白菜や大根。今年は根雪が早く12/8に少し積もったなと思ったら根雪になってしまいました。あっという間に根雪になったので、回収しきれなかった大根や白菜が多数出てしまったようで、雪ノ下へ。春になったら掘れるかな?
IMG_4639.jpg


どろっどろの畑から収穫した大根を湧き水で洗うと、目の醒めるような白さ。大根足って言葉は褒め言葉だと思います。
IMG_4645.jpg


柿のヘタやら杉っ葉の間でまだ咲いていた小さな野菊も雪に覆われてしまいました。
IMG_4646.jpg

この写真を撮った晩から雪が降り続け根雪になってしまいました。これから半年くらいは植物も植物も雪の下で暮らす生活です。
関連記事

アザラシサイト更新に寄せて

2012.12.19(Wed)

11月に行ってきたおたる水族館と円山動物園のレポートをアザラシサイトにアップしました。

北海道に行くこと自体が久しぶりでしたし、サイト更新自体も久しぶり。好き勝手にやっているこことは違い、本サイトの更新はピリッと芯が入ります。

サイト更新作業、久しぶりにやってみるとこれが結構大変でした。というのは私が使っているデジカメもパソコンも以前使っているものから一新しているので、こいつらの操作性も以前の(アザラシサイトのほとんどを作っていた頃の)ものと操作性が違うわけです。そういや、サイトに動作確認環境を載せているところがありますが、今確認したらWindows2000を使っていることになっていましたが、現在はWindows7を使っています。ので、あの辺も直さないといけないなぁと思いつつも、一方で今の時代はスマートホンやiPadやタブレットPCでインターネットに接続している方も非常に多いわけで、これら端末でも見られるように気遣うとなると、もうどこに焦点を絞ってサイトを作成するべきか非常に難しいと思います。まぁサイトの特性上、アザラシだけに気を配っていればいいはずですが性格上、そうも行かないわけで難儀です。

どのくらいの大きさのディスプレイを想定してサイトを作るかでも難しく、私自身は1920×1080ピクセルという今の時代では標準的ですが、それなりの面積・大きさのディスプレイを使っています。このサイトを作りはじめた2005年頃当時は「1024×768」ピクセルのモニタを想定し(私もそんなモニタを使っていましたし)、「モニタは横が1024ピクセルを想定で、サイトの横のサイズはブラウザを最大サイズで立ち上げ、お気に入りとかを表示するスペースが200ピクセルくらいあるとした際でもストレスなく見られるようなサイズ、、ということで、うちのサイトは横に800ピクセルあれば普通に見られるサイトにしよう」というコンセプトのもとに、横長の写真は横幅350ピクセルにしてそれを二列表示という形で作ってきました。

しかし今の時代、私のモニタで自分のサイトを見るとコンテンツの両側には広大な無駄スペースが表示されています。じゃ、写真を大きくしてしまえばいいかというと決してそんなこともないわけです。その理由が先ほどのスマートフォンとiPadとかタブレットPCの台頭です。こやつらは昔のPCディスプレイよりサイズが小さいのもあります。私もスマートホンを使っていますが、これでPCサイトにアクセスしても小さすぎて非常に見難い。が、これらのサイズを想定してサイト作成するわけにも行かないし。。。

と、ディスプレイのサイズ一つをとってもカオスもいいところで、正直なところ私の頭では対応は不可能です。もうやけくそで少しは写真を楽しんでいただきたいという思いが強いので今回のおたると円山の写真は長辺を以前より少し大きくして400ピクセルの画像の二列段組に設定しました。

なかなか久しぶりの管理作業も気ぜわしくもたのしいものです。

が、最近はいろいろな分野の個人サイトの元気がなくて寂しい限りです。私のサイトも諸事情により更新頻度が落ちていますが、いろいろなジャンルの個人サイトも2000年代初頭のようないろんなサイトが乱立していた頃のような勢いは無いように感じます。私が好きだった個人サイトも更新が止まったり閉鎖されているサイトが非常に多いのは寂しい。

これはブログTwitterミクシー、そしてFacebookあたりの台頭が元凶かと思いますが、あの鳥(鳩?)やオレンジや青のフォーマットに載っかっていない個性豊かなサイトの元気がないのは寂しいわけです。いや、私もサイト更新の頻度が落ちていますし、ミクシーやFacebookのアカウントは持っていてこれらのメリット恩恵を受けていますのでこれらを否定するつもりはさらさらありませんが。
本サイトよりここのブログの方がアクセス数が多かったりします。私サイトの更新頻度も落ちているのでしょうがないのですが、時間をかけて作ったサイトがそんなもんかというのはちと寂しい。

この辺の話は思うところが多いのでいずれまた。アザラシサイトの方もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
関連記事

iPodサードパーティーのバッテリがー膨張し基盤破損しました

2012.12.14(Fri)

備忘録とiPodのバッテリがヘタってきて自力で交換を目指す方が、キーワード検索を行っていらっしゃった人のためのエントリ。(本来のこのブログで扱うアザラシとか生物とかそういうのとはまったく関係ないエントリです。)

私のiPodはここでも紹介している通り2006年の7月に就職が決まってその勢いで購入したものです。それ以来、故障なく動いていたのですが、さすがにほぼ毎日通勤に使ってきたのでバッテリーがヘタって来ました。満充電しても2時間程度しか電池が持たなくなってきていました。そこでバッテリ交換を思い立ち適当に検索すると、ユーザー自身でバッテリ交換をしているサイトがあり、楽○市場などでサードパーティののバッテリーを別売りしているのを見つけたので、自分もやってみることにしました。で、さっそく私も楽○で純正ではないバッテリーを1000~2000円くらいで購入しました。これが2012年1月のこと。(当然バッテリの自分での交換はappleのサポート対象外なので自己責任で行いました。)

バッテリ交換自体はたいした作業ではなく、ど素人の私でも30分もあれば出来るくらいの作業。バッテリ交換当初は電池も快調で、通勤に使っても一週間に一回くらいの充電で何とかなるくらいの性能のバッテリーでした。当然appleにバッテリ交換を頼むより安く付いたので、我ながらほくそ笑んでいたわけです。

時は流れ、先月末の京都からの帰り道のこと、ふとiPodのフタの一部が外れているのを見ました。もっている方はご存知だと思いますが、iPodのフタは容易には外れません。そんなフタが外れたから異常事態ですね。

我が家についてiPodのフタをこじ開けてiPodの中をこじ開けたら愕然となりました。交換したバッテリが膨張し、フタを押し上げ、さらに基盤を圧迫してしまっていたのです。このエントリでは今後サードパーティのiPodバッテリーを使用する方の参考になるように顛末を掲載しておきます。

左側がサードパーティの膨張したバッテリー。右の青いのは1月に交換した純正バッテリーをとっておいたので参考に並べています。サードパーティの写真下側のビニールの柔らかそうに見える部分もバッテリーの中身が侵入しておりカチカチです。サードパーティのほうが純正より長くなっていることがお分かりいただけるかと思います。
IMG_6986.jpg

バッテリのお尻の部分。もともと直方体だったものがひしゃげて変な形になっています。左が10ヶ月程度のサードパーティ、右が5年半使った純正。サードの皺が寄っている部分にもバッテリの中身が侵入し?カチカチです。
IMG_6985.jpg


バッテリの長さもこの通り。サードパーティが膨張した分、長くなっています。
IMG_6978.jpg


このバッテリの膨張はイヤホンを差し込む部分の基盤を圧迫したのか、この部分の基盤を破壊してしまいました。よって、私のiPodは動くのですがイヤホンで音楽を聴くのは不可能な状態です。写真でも基盤が変に歪んでいるのがわかるかと思います
IMG_6971.jpg


別角度から。基盤が変に浮いてしまっているのが確認できるかと思います。
IMG_6972.jpg


サードパーティは確かに安いですし、これを使うのは自己責任ですから私からはなんとも言えませんが、こんな事例もあるということで。。。バッテリ交換当初は確かに性能が回復しますが長く使うとこんなことも起こるのですね。私のiPodはイヤホンの端子部分がいかれただけなので修理をしようと思いますが、もし今後サードパーティを検討している方がこのブログにたどり着いたなら、こんなこともある事を前提に検討いただく材料になれば幸いです。
関連記事

プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。