abrAsus「小さい財布」とクアトロガッツ「小さいふ ポキート」の使用感を比較

2015.03.31(Tue)

先回エントリーのラストにチラッと書きましたが、私たち夫婦は二人とも国産の極小の財布を使用しています。特に意識して競ったわけではないですが私は abrAsus(アブラサス)の「小さい財布」(ブッテーロレザーエディションの色はキャメル)、妻は クアトロガッツの「小さいふ ポキート」

両方とも日本のメーカーで極小財布界のメジャー選手です。「abrAsusの小さい財布」は東京の会社(バリューイノベーションさん)が作成しているらしく地味な落ち着いた印象で、「小さいふ ポキート」は大阪の会社(クアトロガッツさん)が作成しているらしく派手な華やかな印象のカラーバリエーションが多い印象です。我が家も私は東日本、妻は西日本出身です。

さてさて、カタログスペック上は両財布とも縦約6cm×横約9cm、厚さ1cm強の極小財布で購買層はある程度共通な気がします。この二つが手元にあって実際に使用続けて一般消費者として比較するという事例も多くなさそうなので、その辺を踏まえ比較してみました。比較したのは約1年使用している「小さいふ ポキート フレンチトースト」(青いほう・妻使用)と約2年使用している「小さい財布 ブッテーロレザーエディション キャメル」(茶色いほう・私使用)。

並べて上から。
IMG_3085.jpg
サイズはほぼ一緒。「小さい財布」の方が若干小さいか。こうやって並べると大きさを比較できますが、普段使いでこの差を実感することはまず無いと思います。


続いて横から。両方とも紙幣5枚、カード4枚、硬貨10枚が入った状態にして写真を撮っています。普段使いのときはこんな感じということで。
IMG_3109_201503221947450c3.jpg
若干、「小さいふ」のほうが厚い?これは普段の使用状況による差が出たような気もします。というのは「小さい財布」の私は普段はカードは4枚しか入れないのですが、妻の「小さいふ」には薄いものを含めカードが7枚も収納されていました。コインも普段から50円玉2枚や100円玉5枚とかが財布にありがちな妻なので、財布は満腹状態が多く、革が伸び気味になっていること、また「小さい財布」の方が一年くらい使用期間が長いので革が柔らかくなっている点も差につながったのかもしれません。

両方とも空荷にして横から。そして上の写真と逆サイド。
IMG_3089_20150322194748607.jpg
触った感じでは「小さいふ」のほうが厚い革を使っている感じがします。

私が普段使っていない「小さいふ」の方を改めてじっくり拝見しました。以下は私が使用している「小さい財布」より「小さいふ」のほうが優れていると強く思った点です。
IMG_3098.jpg
三つ折にしたときの留めボタンです。小さいふの方はふたに当たる部分の留め具部分が補強され(赤色の本体革に青色の補強革が当てられ)ています。留め具も端から十分離され、強度はしっかりしています。「小さい財布」の留め具はフタの端っこの方にあり、開け閉めをしていると千切れてしまうのではと、どうも頼りないのです。頼りないので私自身留め具を留めないことも多く(三つ折だけにする)、かといって小銭がばら撒くような失敗はしてないのですが、「小さい財布」の留め具はもう少し内陸側に付けてもいいのではと思います。なお、「小さい財布」は修理を受け付けているのでボタンが千切れたら製造元に送れば修理はしてくれるようです。

また「小さいふ」のほうが厚い分、カードはたくさん入るかもしれません。現に妻はクオカードや診察券のような薄い物も入れて7枚のカードを収納していました。「小さい財布」の私は普段財布に入れるカードは4枚。「小さいふ」も本来7枚もカードが入らないのかもしれませんが、上記したように留め具が頑丈に作られているので、多少多めに入れて留め具を強引に留めても安心感があります。そのうちに革が延びてこれだけの収容力になったのかも?そういう意味では「小さいふ」のほうが余裕のある造りともいえます。
とはいえ「小さい財布」に慣れてしまうと「カードを7枚も入れる必要ないよな」と思ってしまいますし、カードを多く入れる=分厚くなる→財布を小さくするというコンセプトから離れていくことになると思いますので、私はカード7枚入りにメリットは感じないですが、カードを多めに入れつつ小さな財布が欲しいという人の参考にはなると思いまして。
ちなみに「小さい財布」の私は別にカードケースを仕事カバンの奥底に入れており、必要なときはそこから取り出します。会社と家の往復+αくらいの平日では「小さい財布」に入っているカード(一番よく使うクレジットカード、キャッシュカード、SUICA、運転免許証)だけで足りる日がほぼ毎日ですが。。。

0000202020202.jpg
(↑左「小さい財布」 右「小さいふ」)
逆に「小さい財布」が優れていると思ったのは、小銭の視認性の良さ・取り出しやすさ(これは馴れの問題もあるか?)とカードのホールド性の良さです。小銭は小さい財布の方が見やすいと思いました。ただ妻曰く「小さいふは、ベロを引っ張ると皮がガードみたいに立ち上がるからそこへコインをじゃらっと流せばコインをほぼ見渡せる」とのこと。要は馴れかもしれません。
カードのホールド性の良さは、裏返せば「小さいふ」のほうがカードは取り出しやすいとも言えます。私は上述した通り厳選した超重要カードしか入れておらず、これらは日常的にあまり取り出す必要がないので、取り出しやすさよりもホールド性を重視します。が、カードの取り出しやすさを重視する方も当然いるでしょうし、これもどっちが優れているかは個人によって変わりますね。
そして「小さいふ」にある財布を広げたときにお札を抑えるベロは、「小さい財布」には無い工夫でユーザーに配慮した工夫だと思いました。ただ「小さい財布」を使っていて札止めで困ったことは無いので、「別にいらないよな・・・」とも思ってしまいます。このミニマムな財布たちを持ってしまうと、「あると便利かもしれないけど無くても別に困らないもの」が欲しくなくなるのかもしれません。
そのほかの売りとして「小さい財布」は左利き用を出していたり、「小さいふ」は毎日のように新しいデザインを出したりなどといった特徴もあります。(2015年3月現在)


今回出てきた財布をまとめると以下のとおりです。(アフィリエイトで稼ごうとは思わないのですが、持っていない財布の画像を合法的に引っ張るとなるとどうしてもアマゾンの引用になってしまう。。。)




私が使用している「小さい財布」のブッテーロ レザーエディション。

「小さい財布」の普通バージョン。カラーバリエーションはブッテーロ レザーエディションに比べて、とても豊富。機能も一緒で若干安いです。

妻が使用する大阪のクアトロガッツさんの「小さいふ ポキート」のトリコロールカラー。



※本エントリーを書いた時点で「小さい財布」は私が約2年間、「小さいふ」は妻が1年間、ほぼ毎日使用しています。普段の財布の使い方、収納量や方法等は違いますし、使用期間も異なるので、ここでの使用方法は参考程度にして頂ければと思います。
関連記事
スポンサーサイト

abrAsus「小さい財布」の2年間の使用感

2015.03.21(Sat)

先日、グッドデザイン賞のサイトを見ていたら、一つ気になる商品がありました。abrAsus(アブラサス)の「小さい財布」です。2年前の春から私も愛用している商品です。それまでは普通の二つ折り財布を使っており、私はズボンのポケットに財布を入れておくのが多いので、ズボンが不恰好に膨らんでいました。これがどうも気に入らなかったので、この商品を買ったのでした。

小さな財布の見た目はこんなです。(私が実際に使っているモノです。)縦横サイズはほぼクレジットカードサイズ。
IMG_3044.jpg

カードは3~5枚程度しか入りません。私はsuica、免許証、クレジットカード、キャッシュカードの4枚。前の財布のときはTSUTA○Aやヨドバシカメ○の会員証等々多くのカードが入ってましたが、この財布にはそういうのは一切入れていない。これらのカードはよく見る割に毎日暮らす上で案外使わないものです。財布を替えて実感しました。これらのカードはカード入れを別途購入し、カバンの奥底にまとめて入れてあります。慣れてしまえば特に不自由は無いです。それより財布が小さいことに値段が付けられない価値を感じます。横から見るとこんなです。白いのがカード類。
IMG_3019.jpg
小銭も多くは入らないですが、コンビニや薬局のようなところは最近はsuicaで払ってしまうし、小銭を使うのは昼飯くらい?小さいとはいえ15枚くらいの硬貨は普通に入るのでこれも不便は無いです。

私の小さい財布はブッテーロ レザーエディションのカラーはキャメル。普通の小さい財布よりちょっと革にこだわっているバージョンです。ちょっと値段が高いバージョンにした理由はあまり覚えておりませんが、革の経年変化を楽しみたくてちょっと贅沢をしようと思ったような・・・・。2年経ち、だいぶ革が育ってきたというか、革ならではのツヤや光沢が出てきました。糸関係はやはりほつれも少しずつ出てきましたが、機能的には全く問題なし。

ネットを検索するとこの財布の革の質感や使用感を気にされている方が多いようですが、その割りに長期間使用した画像があまり無いようで、私の仕様後2年の場合の画像を載せようと思ってこのエントリーを作成しました。

革の表面にわざと光を反射させるように撮った写真です。
IMG_3041.jpg

外側も濃い茶色と光沢を帯びてきました。
IMG_3037.jpg

ちなみにブッテーロレザーのキャメル色の新品のときの色具合はこんな感じです↓(買ったときの写真は撮ってないので、amazonのサイトから引用です。)
今の財布の色と比べると似てもに似つかない色ですが、確かに私の財布も購入当初はこんな明るい色をしていました。若干安っぽく見えるくらい明るい茶色で光沢も弱かったです。どちらかというとツヤ消しに近い質感だったような?そしてシルエットも革が癖が着いてないというか丸っこい感じでした。


画像の再掲になりますが、購入2年後の今はこんな感じ。
IMG_3044.jpg
ほぼ毎日手に取って使うとこんなになるんですね。

当初、私は同社が出している姉妹品?の「薄い財布」を買おうと思っていたのですが、薄い財布はぱっと見は普通の二つ折り財布と違いが分かりにくく面白みが少ないことと、小さい財布の実物を見てデザインを気に入ったことから、こちらを購入しました。この選択に後悔はないですが、機能美というか実用美というかそういうものは薄い財布も小さい財布も共通していると思います。薄い財布も使ってみたいものです。ちなみに薄い財布も2013年にグッドデザイン賞を取っています。

今回出てきた財布をまとめると以下のとおりです。(アフィリエイトで稼ごうとは思わないのですが、持っていない財布の画像を合法的に引っ張るとなるとどうしてもアマゾンの引用になってしまう。。。)





私が使用している「小さい財布」のブッテーロ レザーエディション。

「小さい財布」の普通バージョン。カラーバリエーションはブッテーロ レザーエディションに比べとても豊富でしかも安い。機能も一緒です。

「小さい財布」を出しているabrAsusが出している「薄い財布」これもアイディアに富んだ製品

私が「小さい財布」を購入した後、妻が購入した極小財布。abrAsusの「小さい財布」ではなく、大阪のクアトロガッツさんが造る「小さいふ ポキート」。abrAsusの「小さい財布」サイズはほぼ一緒。


関連記事

流氷が無い!

2015.03.18(Wed)

天候が大荒れになってしまい知床に行けなかった2月の末、「流氷シーズンはまだ続くので、まだチャンスがあるかもしれない。」と書いたところですが、今年は流氷の勢いが無い。。。

流氷の状態は海氷情報センターで毎日の観察記録がアップされます。

今年の3月17日の流氷の記録はこちら。
kaihyou.jpg

知床半島の羅臼側はもちろん、ウトロ側、オホーツク海沿岸の網走や紋別に至るまで綺麗さっぱり流氷はありません。大体3月の下旬くらいまで知床半島のあたりまで流氷がウロウロしているものですが、今年は流氷が少ない。
例えば昨年2014年の4月9日の流氷は以下のとおり、知床半島オホーツク海の大半を覆って、択捉島近海に達し太平洋側に流出し根室の近くにまで流氷がいます。
2014.png

三月の半ばでここまで流氷がないのは近年では無かったとおもいます。単純に気候変動のせいにするつもりはないです。確か今年は爆弾低気圧がオホーツク海側を襲っていたので猛烈な南風が吹き、流氷と海水の撹拌が行われたでしょうし、その辺の影響もあったかも?

しかし今年の流氷シーズンはもう終わりというのはいかにも消化不良です。。。
関連記事

ホワイトデーの漆喰塗り

2015.03.16(Mon)

久しぶりの更新になってしまいました。最近ご無沙汰なのは我が家の新居のリノベーションが佳境に入っており、土日は家造りに費やされているためです。現在中身の大工工事は終え、設備や内装の仕上げに入っています。壁は漆喰の塗り壁にする予定なのですが経費削減のため、少しくらいは自分で家を造ってみたいということで、一部はDIYで漆喰を塗ることになってます。

3月14日(土)のホワイトデーも妻の監督の下、朝から晩まで漆喰塗りにあけくれました。

漆喰を攪拌し、
IMG_2932.jpg

漆喰だけだと真っ白すぎるので、珪藻土を混ぜ、少し色を付けます。
IMG_2936.jpg

漆喰をひたすら塗る。左手にこて板、右手に鏝。
IMG_2937.jpg
↑写真の茶色い部分は塗りたて、白い部分は塗る前。天井部分はプロにお願いしてあり、何日か前に本職の職人さんが塗った部分。塗り立てと天井はずいぶん色が違いますが、乾くと白っぽくなるのです。


この日、口にした飲食物はペットボトルのお茶、コンビニの総菜パン一個とおにぎり2個のみで、一日中立ちっぱなしで漆喰をこねたり、鏝で塗ったりしました。なれない手つきで漆喰を塗り、素手で漆喰に触ったせいか石灰のアルカリ分に手は侵され、ヒビが割れ血がにじみ、そこにアルカリ分の漆喰が着くと激痛が走り、最後の方は鏝を持つ握力が無くなってきます。
馴れない仕事なので、仕上がりはやはりプロのようにはいかないです。

そんなホワイトデーはバレンタインデーのぬるさとは雲泥の差。

粗食と馴れない重労働・長時間労働は、楽しくないし苦痛になってきます。また私はそれなりの仕上がりでも味があって良いと思っても、妻の目指す高みはもっと上にあり、その意識の差でまた口喧嘩します。
今回得た教訓は、DIYは楽しめるくらいがちょうど良い。平日勤めの身で、さらに土日へとへとになるまで作業するのは生活も荒れます。疲れている中の作業は良いものができないことは、他のどんな仕事と一緒です。DIYは余裕がないと楽しめないし良いものができないと思いました。
関連記事

冬の公園暮色(横浜こども自然公園)

2015.03.02(Mon)

いつも鳥を見に行くのは朝が多いのですが、この日はごろごろだらだらして既に14時を廻っている。

鳥を見るにはいかにも遅い時間ですが、一日ごろごろしている自分に嫌気が差して出かけることにしました。行き先は横浜市のこども自然公園。

着いた時間は15時半を廻っており、既に夕方の光になりかけ。公園を一回りしているうちに日も傾いていきます。


見上げた梢の上で鳴くシジュウカラ。お腹の毛がふわふわしている。夕方の寒さが忍び寄ってくるだけに、暖かそうでうらやましい。
IMG_8667.jpg

園内をウロウロしていうるうちに、茂みに隠れているアオジ、草地でぼんやりしているツグミ、池でぼんやりしているキンクロハジロやカルガモ、せわしなく飛びまわっているエナガの群れを見かけました。

林の中でバサバサ飛んでいる大きめな影が。タイワンリスが跳ね回っているのかと思ったら、アオゲラ。ちゃんと鳥を見ようと思い立ってからは、はじめて見ました。見るもの全てが新鮮で良い。ただアオゲラを写真に収めるのは暗くなってきて条件が厳しく、証拠写真くらいしか撮れなかったので今度は明るいときに撮りに来よう。

公園を一回りしてきたら、来たときにはたくさん並んでいたカワセミを狙う人もお帰りのようでひっそりとしていました。
IMG_8650_20150303133439d83.jpg

冬の公園の暮れは物寂しさがありますが、園内には梅が5分咲きくらいになっており、春が近づきつつあるのでしょう。なんとなく心が浮き立つような地に足が付かないような季節です。

本日見た鳥:
シジュウカラ、ツグミ、カワセミ、キンクロハジロ、アオゲラ、エナガ、アオジ、コゲラ
関連記事

プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。