とっかりの湯改修計画

2006.01.19(Thu)

紋別市にはとっかりの湯という施設があります。健康ランドとか日帰り入浴施設とかそういった類の施設で私も紋別に行った際に利用したことがあります。
さすがとっかりの街、紋別らしい名前の施設ですが、ひとつ大きな問題があります。名前にとっかりの湯とあるのですが、とっかりがいるわけでもとっかり型の湯船があるわけでも無いのです。せっかくの名前がもったいないですね。

そこでおせっかいとも大きなお世話とも言えるのですが、とっかりの湯改修計画を立ててみました。
現在手狭感のある現とっかりセンターも一緒に建て直し、この二つのコラボレーションにより名実ともにとっかりの湯に生まれ変わり夢空間を提供いたします。
計画では鉄筋1階(RF)地下2階の施設にしました。1階、B1Fはとっかりセンター、B2Fがとっかりの湯です。
まずは下記1階(RF)計画図をご覧ください。
200601_19_57_c0031357_21151834.gif


基本的な施設は現センターとあまり変わりません。プールがあってバックヤードがあって、プールの周りからお客さんが見る形式の施設です。アザラシ広場では給餌解説を行います。なお現施設は何個かのプールに分かれていますが、そういうのを図に書き込むのは大幅に省略してあります。

次はB1F。
200601_19_57_c0031357_21194649.gif

売店・レストランを併設し、屋内展示可能(現センターの休憩室のような)なスペースを設けます。プールに面した面は全面ガラス張りで水中のアザラシを見ることが出来ます。これで冬でも強風からも体を冷やすことなくアザラシを思う存分眺めることが出来ます。個人的にはベンチは長いす形式にして寝転んで眺められるようにしたい。RFとB1Fまでの入場料は現在のセンターと同じ200円。

次はB2F。入浴施設部分です。
200601_19_57_c0031357_21231510.gif

プールに面した面はガラス張り、風呂に入りながらアザラシが眺められるおそらく世界初の施設です。プールは1階(RF)からB2階までまでつながっているので豪快なアザラシの泳ぎを堪能できます。旭山動物園みたいな円柱水槽を大浴場の真ん中にぶち抜いてもいいですね。旭山は縦方向だからいっそあのくねくね回るストローみたいな円柱水槽を大浴場に這わせてみたりするとか。。

大浴場に入った途端、こんな光景が目の前に現れるはずです。いやー行ってみたい。
200601_19_57_c0031357_21302135.gif

関連記事

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。