雌阿寒岳小規模噴火

2006.03.21(Tue)

こんにちは。阿寒湖畔温泉に滞在中の管理人です。
どうやら今朝早く阿寒湖畔温泉の南西にそびえる雌阿寒岳が噴火した模様です。湖畔温泉街から雌阿寒岳山頂までは直線で8kmにすぎません。
ただ昨日から強力低気圧が停滞しており、風向きは北から南なので温泉街にでは全く降灰は観測されていません。温泉街もいつもと同じように観光客がうろうろし、私もWBCの決勝をチェックしつつ来週の学会発表のため休日出勤をしているわけです。

 今ちょっと外に出てきたら天気が悪いながらも件の雌阿寒岳が見えたので写真を撮って来ました。
IMG_2724.jpgクリックすると大きな画像が出てきます


 見た目では猛烈な風に煽られる形で山頂付近から水蒸気が南に流れていました。この雌阿寒岳、温泉街からは山の陰であまり見えません。私の滞在先が温泉街の中でも比較的小高い場所にあるもののこの程度しか見えない山なのです。

 さてこの雌阿寒岳は常日頃から水蒸気を上げている山なので(http://komuke.blog46.fc2.com/blog-entry-84.html)、地元の人はいたって普通の反応です。取り急ぎの危機も無いようなので、いつも通りの温泉街です。
関連記事

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

阿寒岳について

阿寒岳深田久弥の『日本百名山』などにでてくる阿寒岳(あかんだけ)は、雌阿寒岳をさす。1499m。雄阿寒岳は阿寒国立公園にある1371mの火山。阿寒富士は阿寒国立公園にある1476mの火山。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikiped

2007.02.05(Mon) 06:32 | 日本の山々

阿寒湖畔温泉の露天風呂の情報も

阿寒湖畔温泉の露天風呂の情報も

2007.06.26(Tue) 21:13 | 旅を連想するようなページにしようと思います。

プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。