マリモの起源は日本!?

2012.01.17(Tue)

毎日新聞にマリモの起源は日本で、渡り鳥などによって欧州方面に広がっていたのではという記事が掲載されていました。世界各地のマリモのDNAを収集・解析し、最も古いタイプのマリモが日本に集中しているのを突き止められたとのことです。

数万年前、日本のどこかの湖で水鳥が餌をついばんでいると足に付着したり、あるいは餌になったりして食べられたものの生き残ったマリモの糸状体が鳥の体とともに舞い上がり数千キロに及ぶ旅を成功させ、ヨーロッパに拡がり、現在の分布状況を作っていった。。。ここで改めてマリモの世界における分布をご覧ください。北欧の国にはほとんど分布しています。欧州に行ったマリモも水鳥と一緒に旅を繰り返し、分布を広げていったのでしょう。

よくぞここまで偶然が重なり、生物が拡がっていったものです。日本から最初に旅立ったマリモに空を飛んでいる気分を聞いてみたいものです。どんな風景が見えたのでしょうか。

マリモ、古生物学(というには近年過ぎるのでしょうか)という観点からもとても面白い生物です。
関連記事

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。