春の上野動物園③~積み重なるネズミたち

2013.03.19(Tue)

さて、アシカやアザラシを堪能した後はいよいよ本日のメイン動物に会いに行くことにします。




本日のメイン動物はアザラシプールより少し歩いてた小獣館にいます。スリ・チカンに注意しながらおっかなびっくり入館します。
IMG_6268.jpg


いました!右側の人だかりが出ているゲージでも写真奥の人が覗き込んでいるガラスのゲージでもなく、写真左側の閑散としている飼育ケースに・・・!!
IMG_6400_20130318021618.jpg




散々引っ張って恐縮ですが、今日わざわざ上野に来たのはこいつらを見るためです。↓

IMG_6302.jpg
その名もハダカデバネズミ。寝室にはおるわおるわ、積み重なって寝てします。裸の出歯を持ったネズミだからハダカデバネズミ。こいつらの歯と鼻の周りが私に似ていると評判です・・・。右下ネズミの前に揃えた両手が可愛いですね。ものすごい寝相で寝ているやつもいれば下のほうで潰れながら寝ているやつもいます。



こんなアクリル管がつながって出来た巣の中を走り回って生活しています。ネズミなのでまごうこと無く哺乳類ですが、この巣、アリの巣に似ています。ハダカデバネズミは哺乳類では珍しく女王を頂き、その下に役割分担を持った珍しい社会性(真社会性というらしい)を持ったネズミです。
IMG_6361.jpg



それにしても珍妙な外見・・・ピンクでしわくちゃな皮膚ですがこれで大人。世の中には珍妙な生物がいるようです。
IMG_6475_20130318021618.jpg


せわしなくアクリル管を走り回っているやつ、寝室で折り重なって寝ているやつ、サツマイモをかじっている?やつ、アクリル管の壁をかじっているやつなど思い思いに過ごしています。

次はそんなハダカデバネズミの生態を少し紹介します。
関連記事

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。