男鹿水族館GAOその5~アザラシの給餌~

2013.11.08(Fri)

給餌の時間が近づいてきたのでひれあし's館の地上部に急いで向かいます。

ゴマフアザラシの給餌はこの日は10:40~。

水面に出てきたアザラシの写真を撮っている人が多いですが、むしろアザラシにとっては今日のお客の面はどんなもんかいな、、、、という感じで客の面構えを観察しているのかもしれません。
IMG_1627_20131021184132e84.jpg






もう一頭やって来ました。やっぱりお客さんを観察しています。
IMG_1630.jpg



給餌が始まりました。笛の音で合図が送られていますが、アザラシは給餌中にプールに戻ったり案外せわしない。
IMG_1639.jpg



取り出したるは長い棒。職員さんを真剣なまなざしで見ています。
IMG_1649.jpg


水中から勢いよく飛び出し、鼻先をポールの先へ。
IMG_1653.jpg


ボールも持ってくるアザラシ。ちょっと得意げ。
IMG_1668.jpg


餌を持ってきた職員さんを見送る姿が印象的。
もっと餌無いの!?という視線で見つめていました。
IMG_1670.jpg


アザラシの給餌の後はとなりのアシカのプールでも給餌です。漢字の解説からで丁寧な解説で好印象。
IMG_1676.jpg


アシカはまだ若いのが一頭のみの飼育でいろいろ仕込んでいる最中とのこと。
IMG_1679.jpg


これは職員さんがプールの左上の高いところに移動したのに合わせ、プールの高台に登ってくる練習。一応まだ練習中で調子が悪いときには上がってこないかも。という前置きがあった上でお客さんの前での公開練習になりました。
IMG_1681.jpg


さて次はホッキョクグマの紹介。ホッキョクグマは赤子が生まれたばかりで、男鹿水族館で最も勢いがある展示かもしれません。給餌時間中に囲むお客さんの数もアザラシの比ではありませんでした。残念ながら。。。
関連記事

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。