男鹿水族館GAOその8~ひれあし's館のアザラシたち②~

2013.11.13(Wed)

アザラシは水の中では自由自在。陸上生活ではその不器用な動きに愛嬌すら漂う体は水の中では驚くほど俊敏な動きを行います。


あごの下(交尾のときの傷)おっぱいがついていて体色が薄いのでマリーですね。
IMG_1534_20131021185801384.jpg



アザラシは水の中では自由自在。
IMG_1535.jpg


水面に向かって一気に加速!
IMG_1823.jpg


翻って水の中へ。
IMG_1840.jpg


しっかし驚くほど水がきれい。この写真ではアザラシが空中を浮いているかのよう。
IMG_1890.jpg


なのでこんな近くでアザラシの部位の写真も撮れます。
IMG_1887.jpg



プールのトンネルは人気コースなので渋滞も。
IMG_1972.jpg



その人気コースの水底で転がる迷惑なやつも。しかも背中にはどういうわけか、ウンコを乗っけています。。。近寄りがたい。
IMG_1974_20131021185030047.jpg



水中の覗き窓もいろいろな角度から見ることができて面白い。お客さんが多くても喧嘩しないで見ることができる。マニアがどっかりと窓の前にいてもそれほど目立たない。
IMG_1892.jpg


マニアの蒸し暑い眼差しが気になったのか、私が観察している窓に一頭のアザラシが近寄ってきて、向こうから覗き込んできました。アザラシの瞳、なんとなく真っ黒かと思ってましたが、こうやって近くで見てみると当然ながら瞳孔があり、瞬膜もあり食肉目の獣の目をしていますね。
IMG_1903.jpg


しかし人懐っこいアザラシです。鼻をアクリルにこすり付けるくらいまで寄ってきました。
IMG_1932.jpg



近寄ってきたアザラシの泳ぐ動画





一方で最年長のマリー(このアザラシだけは体色が特徴的で見分けがついた)は餌をもらって眠くなったのか、お客さんが来る覗き窓の前のお気に入りスポットで昼寝です。時々息を吸いに水上に上がりますが、息を吸ったらそのまま水面から降ってきて、プールの底でごろんと横たわります。
IMG_1857.jpg


プールの底で一回バウンドし、、、
IMG_1870.jpg


水面から降るように落っこちてきて、プールの底でバウンドして、そのままずりずり滑って昼寝に戻るマリーの様子の動画




昼寝体制へ。
IMG_1861_20131021184941880.jpg


お昼を過ぎたせいか、アザラシたちの動きも緩慢になり、昼寝モードに包まれます。
私のほうも次の目的地があるので13時過ぎに退館します。

男鹿水族館はアザラシはゴマフ一種のみで飼育頭数も4頭のみと数字上は決して目立つ水族館ではありませんが、アザラシの面白さを感じるには素晴らしい水族館でした。本州では鴨シーやしながわ水族館並みにおすすめの水族館です。なかなか行くのは大変ですが、その価値は十分あります。


さて、ずいぶん福島・秋田旅行も長くなってきました。次回で最終回。関東に戻ります。ただ、戻る前に寄っておきたいところが。。。
関連記事

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。