断崖から流氷の海を見下ろすオオワシ~道東旅行 2014春⑦~

2014.03.28(Fri)

流氷ウォークの後は、民宿で朝食を頂いた後、ウトロの街からウトロ崎灯台の辺りに移動し、スノーシューでフレペの滝を見てくるプランです。フレペの滝は、かつて独身時代にこの季節の凍っているフレペの滝の色に感動した妻のリクエスト。


まずはウトロの街から車で知床自然センター方面へ向かいます。途中の道路沿いで既にこんな景色!途中の高台からの眺めが素晴らしい。20140309100506IMG_0153.jpg
写真の左上がウトロの街並み。流氷は岸から1~2kmくらい沖までに寄せられていて、その先は青海が広がっています。流氷は動いていないように見えますが双眼鏡でよく見ると西に向かって極ゆっくり流されていました。


知床自然センターでスノーシューを借ります。無料で貸してくれます。ここからフレペの滝を見下ろす展望台まで直行すれば歩いて20分程度ですが、せっかく雪が積もって森の中が歩きやすくなっている季節ですし、スノーシューも借りたので森の中を回り道をしながらうろうろしながら行きます。
20140309122342IMG_4048.jpg


やがて海を見下ろす崖の上に出ました。流氷の上をオオワシが極低空で飛んでいるのが見えます。
20140309110546IMG_3913.jpg



それにしても流氷の色はなんと表現したらいいのか。。。水面下の流氷は不思議な青色をしております。晴天下の流氷の影の部分はこのような青色を呈します。この色はいつまで見ていても飽きないし、見ていたい色です。
20140309111410IMG_3933.jpg




断崖の上にオオワシが流氷を見下ろすように止まっていました。やはり実物はどんなオオワシの写真や映像でみるよりもかっこいい。本物の圧倒感を感じるために旅に出ているのかもしれません。写真を下に載せておいてこんなことを言うのもなんなんですが、、、
20140309111914IMG_3947.jpg




もう一羽。
20140309111850IMG_3944.jpg





二羽のオオワシが見下ろす流氷の海。
20140309112026IMG_3950.jpg



ワシの存在感を堪能した後はいよいよ旅の最後の目的、フレペの滝へ向かって歩いていきます。

関連記事

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。