知床博物館

2005.11.14(Mon)

200511_14_57_c0031357_114029.jpg


昨夜アップしたつもりでしたがされていませんでした(^^;昨日の日曜の気分で読んでくださいm(__)m

(今日の写真は知床博物館に展示してあったアザラシ皮のコートです。)
 皆さんこんばんは。あらかじめ断っておきますが、今日は日記的な内容です。長文ですがあまり内容もないです(^^;では本文。
 私は昨日の土曜日に出勤していたため、月曜がその分の振り替え休日になりました。というわけでそろそろ本格的に雪も降るし今年最後の遠出だと思い、日曜に知床を回って網走泊、翌月曜日には平日のあまりお客さんのあまりいないとっかりセンターを楽しむという遠大な計画を立てました。
 が、どうも昨夜から体調が万全ではないので、どうしよっかなと思ってウダウダしているうちに13時。私は知床にあまり魅力を感じないですし、すぐ行けるような所にいるので「絶対行くぞー」って気がしないのでこんな時間になってしまいました。知床峠も先週で冬期閉鎖になっちゃったみたいですし。それでも前から気になっていた斜里の知床博物館には行きたかったので、13時半頃重い腰を上げ阿寒湖を出発。北東の斜里町に向かいます。
 15時過ぎ斜里に着き早速知床博物館へ。さすがに地元から絶大な信頼を得て、評判の高い知床博物館、展示内容は素晴らしかったです。アザラシ的には剥製はもちろん骨格標本、頭骨の標本、アイヌ民族とのかかわりや近代以降の漁業の内容まであり大変勉強になりました。生きているアザラシはいませんが、流氷が押し寄せアザラシ達がたくさん訪れる場所の博物館だけありますね。ここの展示を見て以前から温めていた「道内の博物館などのアザラシ展示」をサイトで扱う決心がつきました。近日知床博物館の詳細に付いては一本立ちしたコーナーを作るので詳細はそちらに載せるのでここでは割愛します。
 一時間半くらい博物館をウロウロし、博物館で販売していた海獣狩猟の資料や知床の哺乳類に関する小冊子を買って宿泊地の網走に向かいます。が、どうも体調が下降気味。喉が痛くいて頭も痛いのですね。車の暖房を強くしても変な寒気がするし。というわけで体調が悪いまま苦行のように翌日とっかりセンターを訪れるのは気が引けたので阿寒湖に引き上げることにしました。とっかりセンターのとっかり共の顔を見れないのは残念です。が、翌月曜は雪が降るかもの予報が出ていますし寒い中こっちがドロドロの状態でセンターにいってもきっと全力で楽しめないでしょうし、楽しめないなら行かない方がマシですし。まぁありがたいことにとっかりセンターは行こうと思えば、結構楽にいける場所なので…(^^;
 斜里から阿寒までは途中喉消毒用のウィスキーを買ったほかは、車の暖房でボーっとしつつ先行の車にもっさり着いて行くうちにいつの間にやら阿寒湖に着いたという印象しか残っていません。夜だったし。これでいいのかな(^^;

 明日は最初に書いた通りお休みです。体調も悪いので引きこもりの予定ですが、できれば記憶が新しいうちに知床博物館のコーナーを作ってしまいたいなと思っています。
関連記事

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。