カナダ・モントリオールへ行く⑤~カナダの食べ物たち~

2014.06.30(Mon)

モントリオールに来た目的は仕事。ので、ここに書くような楽しいことは無く、基本的にはホテルと仕事場の往復。。。

唯一の慰めは食事になるわけです。妻からも「食べ物の写真をたくさん撮ってくるように」との指令を受けていたので、カナダの食べものの写真はたくさんあります。少しカナダで食べたものたちを紹介しましょう。


バイソンバーガー。バーガーだけでいいのに芋がついてくるのはなぜか。。。確か15ドルくらい。カナダは食べ物は高いです。
IMG_0465.jpg


上と同じもの(フラッシュなし)。手と比較してもそこまで無茶な大きさではない。
IMG_0466.jpg


ホテルの朝食。モントリオールはベーグルが有名らしいので、朝食にもベーグルが出てきます。それはいいとして、日本の感覚ではそれなりに高いホテル(一泊150ドルくらい)なのに朝食はパン(ベーグル含む)何種かとオートミール、コーンフレーク(私はあえて極彩色のものを皿に取っておりますが)、ジュース、フルーツ(リンゴ・バナナ・キウイフルーツなど)、コーヒーくらいしかないのです。
動物性タンパクや野菜がない。卵やハムが食いたくなります。基本的に甘い食べ物ばかりで塩分が無くてこれは辛かった。塩を取ろうと思ったらバターをなめるくらい??(やらなかったけど)
日ごとに朝食を取る量が減っていきました・・・。
IMG_0549.jpg


ベーグル。ゴマがかかっているなかなか珍しい味。地球の歩き方のモントリオールのコーナーにもベーグルは載っています。やっぱりゴマがかかったベーグルの写真が載っているのでこれがスタンダードなのかも?
IMG_0550.jpg


これはある日に昼食としてケータリングで用意されていた食べ物。薄い小麦生地でサーモンやシーチキン、チキンやサラダが巻かれいました。見た目的にはあまり食欲が湧かない色・盛付けをしています。味も日本の手巻き寿司やサンドイッチのほうが好きですが、これは慣れ親しんだ味というのがあるので仕方ないかかな。
IMG_0453.jpg



仕事の期間は食事が唯一の楽しみですが、仕事も遅くなると夕食すらくいっぱぐれる日も。
そんな日は近所のスーパーで買ってきたカップラーメンが夕飯。1.59カナダドル(1カナダドル=100円くらい)だから日清カップヌードルと同じくらいの額。フタは英語とフランス語が併記。多分この会社の製品。
IMG_0575.jpg


フタをはがしてお湯を入れるの日本と一緒。変わっているのは電子レンジでも調理OKとなっていました。チキンとビーフ味があったのですが、今日はチキン味。
IMG_0576.jpg


280MLのお湯を注いで待つこと3分。どこかの国と一緒です。電子レンジは水を注いで2-2.5分とあります。日本のカップラーメンもこのやり方で食べられるのかな?
IMG_0580_20140626000716079.jpg


出来上がり。麺は日本のものより太くてごわごわしていました。ちょっとフタを開けるのが早かったか。具はコーンとニンジンのドライフード。味はかなり薄味でした。まずくは無いけど、慣れ親しんだ日本のもののほうが良いなぁ。。。という感想です。でもカナダの人にとってはこちらが慣れ親しんだものでソウルフードになっているのかもしれません。
IMG_0583_20140626000717484.jpg



次の日はちゃんとしたラーメンを食べたくなって昼は近くのフードコートへ。

チキンの醤油ラーメン。多分韓国か中国系の店員がやっている日本料理屋に。味がとても薄かったので醤油ダレを追加しました。ネギは全く風味がなく、ここまで癖のないネギを逆に不思議に思う味。値段は7.5カナダドルくらいだったかな?日本とそんなに変わらない値段でした。春巻きはサービス。春巻きは日本で食べる中華料理店のものとあまり変わらない味で美味しかった。
IMG_0584.jpg


トムヤンクンヌードル。タイ料理です。しかしカナダに来ているのにあまりカナダ料理を食べていないな。。。
トムヤンクンヌードルはおいしかったですが15カナダドルくらいだったかな?新橋あたりだと一食7-800円くらいの感覚なのでそれに比べると高め。
IMG_0592.jpg


レバノン料理のケバブサンド。これは旨かった。5.6ドル。
IMG_0671.jpg


寿司デザート。3個入って2.75ドル。
IMG_0673_20140626000803674.jpg


酢飯でイチゴ・マンゴー・オレンジを巻いてアーモンドクリームで食べるものです。寿司をこんな風に食べなくていいよねという代物でした。無駄にしっかりと酢飯で、すっぱいご飯だったし。
しかし誰がこんなメニューを考えるのでしょ。。。日本の寿司を知っていれば絶対出てこないようなアイディア料理。
IMG_0675.jpg


ようやくカナダらしい料理?カナダ名物のサーモンのサラダ。カナダは鮭がたくさん獲れるのです。
IMG_0694.jpg


そしてプーティンと呼ばれるカナダのファーストフード。私は名物と知らず、メニューに写真入りでこれが載っていたので、指差して注文したのですが、見た目どおりかなりヘビーな食べ物でした。かかっているソースは、溶かしきっていない粉末コンソメスープのような濃い味のソース??で、それが餡かけ状になっているように思いました。ジャンクな食べ物です。値段は酔っ払っていたので失念・・・。
IMG_0696.jpg


再び怪しい日本料理。これはagemaki。揚げ巻きですね。サーモンが入った海苔巻きを揚げちゃっています。こってりとしたソースも周りに散らされています。
IMG_0702_2014062600092480a.jpg


味は意外にも(?)結構いけます。サーモンが揚がって美味しいのです。鮭フライの味ですね。ただ海苔の風味は飛んじゃっていますので、海苔巻きとは別物で、鮭フライでご飯を巻いているような物でしょうかね。ここは日本人の店員さんがいたので日本人が食べてもそれなりに美味しいものを出すことが出来るのかもしれません。値段は15ドル。昼飯に15ドルですからなかなか高い。
IMG_0705.jpg


今こうして思い返してみても、カナダに行ってもあまりカナダ料理を食べなかったなぁ。。。と思います。モントリオールはフランス語圏ですからフランス料理の流れを組む美味しいものもきっとあったはずです。ちょっと残念。また行くことにします。
関連記事

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。