知床最高峰・羅臼岳のお花畑~2014夏・北海道旅行・その8~

2014.08.27(Wed)

北海道旅行4日目。今日のメニューは知床半島最高峰の羅臼岳に登ります。昨日はダイビングで海の中に入り山と海をつなぐ川に暮らすシマフクロウを見て、今日は空の近くまでと慌しいこと、この上ない。しかしこの北海道旅行記録の最初に書いた通り知床が世界遺産に登録された理由の「海から陸へとつながる生態系がわかりやすく見られること」をまさしく見てやろうという壮大な目的があります。本当に慌しいけど(^^;

昨夜は日中のダイビングで疲労困憊の中、23時半くらいまでシマフクロウを眺めておりました。本日は4時起き予定でしたが、わがチームは疲労がたまっているせいか、集合したのは4時半過ぎ。しかも宿周辺はガスが濃く立ち込めている生憎の空模様。登山のやる気は削がれますが「ウトロ側は晴れているかもしれないし、せっかく来たのだから知床峠の上に出てみて羅臼岳の様子を見て、登るか判断しよう」ということにします。

しかしテンションだだ下がりで、のろのろ用意をします。相当だらだらして、5時くらいに宿を出発。当初予定では5時に登山口に行くくらいの計画だったのですが(^^)

まぁ羅臼岳往復ですからこの時間でも間に合うし、なんとかなるでしょう。

知床峠まで上がったら今日のターゲットの羅臼岳の様子がこんな感じで見えました。やはり羅臼側だけにガスが立ち込めているようです。
IMG_5167.jpg


山の上のほうは急な速さでガスが動いているようですが雨は降っていなさそう。ということで登山を決行に決めウトロ側の登山口へ。

羅臼岳の登山口は主に羅臼側とウトロ側の二つがありますが、夏にガスが出やすい羅臼側は敬遠してウトロ側登山口から登ります。ウトロ側の方が行動時間は短く初心者向きでもあります。

ウトロ側登山口は岩尾別温泉木下小屋から。羅臼岳の標高は1660mで、登山口の木下小屋の標高は200mほどなので約1400mの高低差。登りは5時間、下りは4時間がコースタイム。

完全に出遅れた私たちは7時前くらいに登山口の木下小屋に到着。今日の入山届けを見るとやはり4時半~5時くらいに入っているパーティが多く、6時台はほぼ皆無・・・。7月とはいえ夏休み前の平日なので中高年チームが多そうで、総勢50名くらいが山に入っているようです。コースは私たちと同じ羅臼岳日帰り往復が大半で残りは硫黄岳方面に抜ける縦走コースのようです。

さてさて、早速、登り始めますが最初の1時間くらいでもうヘロヘロな私・・・。まともな登山自体が極久しぶりなことに加え、連日の寝不足、前日のダイビングと疲労がたまっていることを実感します。登り始めは調子が出ないことが多いですが、それにしても「これはまずいぞ、、、」というくらい足が上がらない。でも、後悔は全くしていません。ぜーぜーいって、みっともなくとも登れるわけですし、これまでの疲労と引き換えの思い出はプライスレスです。


登山口から1時間40分で弥三清水へ。名前の通り冷たい清澄な水が流れている素敵な休憩ポイント。(妻が撮影)
IMG_8671.jpg


弥三清水ではエゾアカガエルがいました。知床で変温動物の両生類が活動できるのは限られた短い季節です。カエルは陽を浴びて短い夏を慈しむように盛んに活動しており、じーっと観察していると蜘蛛を捕まえて丸呑みにしていました。
IMG_5169.jpg


そこから70分くらいで大沢。7月でも雪渓が残っています。
IMG_5190.jpg


ここら辺はようやく春がきたよう。雪解けの地面から新芽が出ています。
IMG_5183.jpg



雪渓の上は高山植物が咲き誇るお花畑。岩の隙間や表面から可愛い花が咲いています。バテバテの私は休憩半分で写真を撮影します。
IMG_5217.jpg



登山道脇で見つけた高山植物たち。エゾノツガザクラ。丸いピンクの花がきれい。
IMG_5210.jpg



幻想的な三角形。これはチングルマの花が終わった後(たぶん)。
IMG_5226_20140812000204c73.jpg



ピンクの花はエゾコザクラ。日本では北海道だけにしか分布しないそうです。
IMG_5244.jpg



葉っぱに着いた水滴がきれい。妻の作品。
IMG_8714_20140825010114f26.jpg



高度を上げると、まだ咲いているチングルマがいました。
IMG_5321_20140812001019fd4.jpg



登山道の左には三ツ峰の山肌が迫ってきます。高木帯は抜けて、すでにハイマツ帯に。
IMG_5262.jpg



右側遠くには羅臼岳の山頂も見えてきました。羅臼平のあたりから。
IMG_5300.jpg



ハイマツの中の登山道を行きます。
IMG_5312.jpg



お腹がすいたので頂上直下の岩清水前で昼食。飯を食って再び頂上を目指します。あと30分もがんばればきっと着くでしょう。バテバテながらもよくここまで来たものです。
この後は岩場をよじ登るので、首からカメラをぶら下げるわけにはいきません。私のカメラはザックの中へ。軽量なカメラを持つ妻がこのあたりを撮ってくれていたので彼女の写真を借ります。

頂上直下の岩場の辺りの写真。この岩の上が頂上です。一瞬で雲が立ち込めたり、霧が晴れたりを繰り返していました。(妻が撮影)
IMG_8749.jpg



岩の間に咲くイワブクロ。紫色がきれいな高山植物。(妻が撮影)
IMG_8750.jpg



12:53に頂上に到着。のんびり撮影しながら+私がバテバテ+お昼ごはんも途中で食べて、だったので、コースタイムより1時間多い6時間くらいかかりました。頂上は雲がうず巻き、晴れと曇りが数十秒間隔で変わるような不思議な天気。
IMG_5291.jpg



頂上から知床半島先端~ウトロ方面にかけて。半島先端側は雲に覆われてた。
IMG_5292.jpg



ウトロ側。中央やや右に写っている河口が岩尾別川ですからあのあたりから登ってきた。よく登ってきたもんです。写真左側に写っている線は知床横断道路。
IMG_5288.jpg




一方、羅臼側。写真でも一見で雲が多いことが分かりますが、ある程度の高さから下は分厚い雲海の下。今朝もそうでしたが知床と一口で言ってもウトロ側と羅臼側で全く天気が違うことも珍しくないようです。
IMG_8768.jpg



頂上のふとした崖際にも高山植物のイワヒゲが咲いていました。風が吹きつけつける厳しい頂上付近にも健気に生きている植物がいます。
IMG_5279.jpg




頂上を下りて羅臼平へ。今度はあの三の峰を越えて縦走コースに行ってみるのも楽しそう。
IMG_5302.jpg


後は延々と下り。だらだらと森の中を抜けていく道が続くので案外苦痛でした。もくもくと降りていきます。下りでは途中にコゲラが木の幹に穴を開けている様子を見られたのくらいが印象に残っています。

朝、出遅れたおかげでこの時間の登山道はほぼ貸切。嬉しいのですが、ここはヒグマの高密度生息帯ですので、一人だったら逆に微妙な気持ちだったかも?というくらい静かな登山道を味わえました。



登山口の木下小屋に着いたのは16:30くらい。すでに登山者の姿はなくひっそりとしています。登頂の記念に羅臼岳の山バッジを購入。


ウトロの市街地まで車で降り買い物をして、今日の泊地の羅臼側へ。

知床峠まで上がってくると雲海の上に羅臼岳がぽっかり浮かんでおりました。羅臼側の濃い雲海はまだ消えていないようです。
IMG_5356.jpg


羅臼側の様子。濃い霧の下に街はあります。この先は峠を下りて霧の中に突っ込んでいくのですが、ライトをつけないと恐ろしいくらいの濃い霧が立ち込めていました。。。
IMG_5350.jpg


まずは無事に羅臼岳に登ってこれてほっとします。しかし今思うと、あんな体調でよく登ったなと思わずにはいられないです・・・。皆さん登山前日はゆっくり休んで体調を調えましょう。

今夜も羅臼の鷲の宿で引き続きシマフクロウ探しです。登山で疲れた体に鞭どころかドーピングをしてフクロウを追いかけます。
関連記事

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。