購入した団地をリノベーションする理由~購入当初の様子②~

2015.01.04(Sun)

先回に引き続き購入した団地の当初状況の紹介です。
(妻が描いた手描きの上面図を載せておきます)
2013.jpg

洋室1。明るい部屋だと壁紙の汚れが目立ちます。20年の歳月で仕方ないですが、これは壁紙を交換するか塗るかしたい。あと部屋奥にある天井に付けられた吊収納はいらないかな・・・。
07.jpg

天井まである押入れ。大容量の収納は素敵です。
08.jpg

洋室1からリビングへ。右手のドアの奥がリビング。天井にカーテンレールが着いているので、このカーテンで洋室1とリビングへの動線を仕切られていたのか。となると、リビング入り口が2方向のドア+カーテンで仕切られていたのか・・・。この煩雑な動線は変えたい。
09.jpg


リビング。ここは南面で明るいのです。そして広い。
10.jpg


逆サイドからリビング。
11.jpg


リビングからキッチン方向。キッチンのある北側にも窓があるのは妻が気に入った点。光と風が北面からも南面からも入ります。キッチンとリビングの間には低い梁が出ており、175cmくらいの高さか。無駄にでかい私にはいかんともし難い。
12.jpg


キッチン。水も出るしガスの火も付くのですが、これも90年代半ばから使われていたようで、それなりの使用感があります。妻は壁の赤のタイルやキッチン全体も好みではないとのこと。せっかくゼロから好きなものだけで家を構成できるリノベーションですし、キッチンは女性のこだわりが強いところで妻の意見を優先。キッチンも新調する方向で。
13.jpg


キッチン背面の吊戸棚。本当に収納が多い。私たちには必要無いかな。また天井のこの長い蛍光灯の照明は変えたい。キッチンは調理台から照明まで、全面的に取替えか。
14.jpg


洋室2.。キッチンと洋室2は狭い引き戸による壁で仕切られて、空間の連続性途切れていてもったいないです。何とかできないものか。
17_201501042329473e5.jpg


洋室2にも大容量の天井から床までの収納。本当に収納が多い家です。収納はある程度必要と思いますが、もうちょっと集約して効率的にしたいところです。
16.jpg


洋室2の照明。四角いカバーに覆われ、中身は蛍光灯。機能的には申し分ないですが、この照明で本を読んだり寝起きをしたりしたいとは思えず、これも好みではないぞ。
18.jpg


これが購入した団地の内部の当初状況でした。上ではどちらかというと批判のような見方が多いですが、前のオーナーの方はきっと自分の好みと家族構成やライフスタイルに合わせて部屋を作られていたと思います。世代や家族構成が異なる私たちとのミスマッチがあるのは仕方ありません・・・。

以上のように購入した部屋の現況の改善したい点を出しつつ、また今住んでいる家で改善したい点を整理し、さらに「このような暮らしがしたい・こう暮らしたい」というような、「家作りの方向性」のようなものを夫婦二人で話しました。

この家造りの方向性を検討するに当たって妻がメモをまとめにました。このメモ作成は家についての話があちこちに話が飛ぶ中、リノベーションの計画立てに必要な「家に必要な機能」「今後現実的に予算との兼ね合いを検討する上での優先事項」「自分達の好み(私は好みというほど具体的なものを持ち合わせていなかったので、ほぼ妻の好みですが)」という3つのポイントを押さえた二人の合意事項になったので、工務店や業者さんを交えた具体的な検討に移る前に、住人の意見の擦り合わせが出来てよかったと思います。
(この妻作成のメモは手元に残っているのですが、なかなかの大作なのと、まだ家は未完成な現在、完成した暁に全体の計画を振り返る際に紹介しようかな、と思います。)
関連記事

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。