ホワイトデーの漆喰塗り

2015.03.16(Mon)

久しぶりの更新になってしまいました。最近ご無沙汰なのは我が家の新居のリノベーションが佳境に入っており、土日は家造りに費やされているためです。現在中身の大工工事は終え、設備や内装の仕上げに入っています。壁は漆喰の塗り壁にする予定なのですが経費削減のため、少しくらいは自分で家を造ってみたいということで、一部はDIYで漆喰を塗ることになってます。

3月14日(土)のホワイトデーも妻の監督の下、朝から晩まで漆喰塗りにあけくれました。

漆喰を攪拌し、
IMG_2932.jpg

漆喰だけだと真っ白すぎるので、珪藻土を混ぜ、少し色を付けます。
IMG_2936.jpg

漆喰をひたすら塗る。左手にこて板、右手に鏝。
IMG_2937.jpg
↑写真の茶色い部分は塗りたて、白い部分は塗る前。天井部分はプロにお願いしてあり、何日か前に本職の職人さんが塗った部分。塗り立てと天井はずいぶん色が違いますが、乾くと白っぽくなるのです。


この日、口にした飲食物はペットボトルのお茶、コンビニの総菜パン一個とおにぎり2個のみで、一日中立ちっぱなしで漆喰をこねたり、鏝で塗ったりしました。なれない手つきで漆喰を塗り、素手で漆喰に触ったせいか石灰のアルカリ分に手は侵され、ヒビが割れ血がにじみ、そこにアルカリ分の漆喰が着くと激痛が走り、最後の方は鏝を持つ握力が無くなってきます。
馴れない仕事なので、仕上がりはやはりプロのようにはいかないです。

そんなホワイトデーはバレンタインデーのぬるさとは雲泥の差。

粗食と馴れない重労働・長時間労働は、楽しくないし苦痛になってきます。また私はそれなりの仕上がりでも味があって良いと思っても、妻の目指す高みはもっと上にあり、その意識の差でまた口喧嘩します。
今回得た教訓は、DIYは楽しめるくらいがちょうど良い。平日勤めの身で、さらに土日へとへとになるまで作業するのは生活も荒れます。疲れている中の作業は良いものができないことは、他のどんな仕事と一緒です。DIYは余裕がないと楽しめないし良いものができないと思いました。
関連記事

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。