夫婦の役割分担:団地リノベーション

2015.05.15(Fri)

先回エントリーで偉そうな能書きを垂れていますが、私が新居作りで活躍したのは街選び、物件選びとその入手まで。

先回、我が家は和風な感じになったと書きましたが、これは妻の趣味が多分に反映されています。住まいは奥さんの方がこだわりが強いと思いますし、我が家もご多分に漏れず、同傾向でした。我が家のこの手の話の力関係は明確で、これまでの結婚式から日常の生活に至るあらゆる場面で妻のセンスにかなわないことを私自身が自覚しており、下手に私が口出しするより妻のやりたい方向に任せておいたほうが私にとっても良い家ができるだろうなと、内装品選びなど家作りが進めば進むほど強く思うようになっていましたので、基本的には妻の方針に従っていました。

私の役割は
①「やるなら徹底的にやれ」という方針の下の財政負担、、、。妻に内装や設備を選んでもらう以上、素材などの費用の面で妥協するようなことはなるべく避けたい。(とはいえ我が家は共働きなので、妻も相当な額を負担していますが。)
②妻が直感で選ぶ物が良いものであるパターンが多いのですが、選んでから時間が経つと、自信がなくなるのか、つまらないありふれた物に選び直したりする場合があるので、その阻止役。直感で選んだ物で、私自身もいいと思ったら死守しました。
③途中でマイナス思考になったり投げ出したりしそうになる妻を励ましたり脅したりなだめすかしたり怒ったり愚痴のはけ口になったりして話を前に進めること。
④妻と施工業者等々の緩衝材。
⑤たまに迷っているときは背中を押す役。

これらが主な私の役割で後ろに控えつつ、少しでも良い家になるように徹したつもりで、この夫婦の役割分担は結果的にうまく行ったと思います。。

普段の生活では私ももっと口やかましいですが、家に関しては妻を信頼して正解だったと思います。家に関しては大まかな好みは似ていたように思いますし、妻は私が主張してもすんなり言うことを聞くタマではないですが、役割分担も大事だなと思います。

内装、デザイン、備品は妻が心を砕いて吟味に吟味を重ねたおかげで、とても良い家になりましたし、私も↑のような苦労があったことも有り、愛着のある家になりました。大事に暮らそうと思いますし、丁寧な暮らしを心がけるようになりました。

そんな新居の写真を一枚。

IMG_0657.jpg

吟味した古い和建具の桟とガラスの向こうの居間の畳。この古建具を新居に取り入れること、物をどこで調達し、新居のどこに入れるかというのも妻が考え、私はむしろ同意役でした。。。

この建具は一軒家の民家でつかわれた四枚一組の引き戸。これをそれほど広くない団地に入れるのも今思えばよくやったと思います。建具は我が家の顔。おいおい紹介できればと思いますのでお付き合いいただけたら幸いです。
関連記事

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。