積丹岬の岩場に転がるゴマフアザラシたち=北海道積丹旅行6=

2015.06.20(Sat)

南米から戻ってきました。なかなか興味深い生き物たちがいたのでそれは別に書くとして、中途半端になっていた北海道積丹旅行の続きを再開します。

何回も来ているにもかかわらずアザラシを未確認だった神威岬で念願のアザラシと対面した後は、再び積丹岬方面に戻ります。積丹岬は先ほど遊歩道を歩きましたが、ちょいと他にも気になるポイントがありまして。

海岸に沿って歩いては双眼鏡を覗きます。

お、波の穏やかな岩場に数頭のアザラシが泳いだり転がったりしているのを発見しました。
150412-0819-IMG_9054.jpg


気付かれないように岩の陰に隠れながら接近します。
150412-0829-IMG_9070.jpg
あ、右の個体に気付かれた?、、、といってアザラシは警戒するでもなく「何か変なのが来たなー」というくらいの顔をして、また昼寝に戻っていきました。


人を警戒していないアザラシの表情を眺めるにはこのくらいが限界かな。手ごろな岩の上に望遠レンズを置いて、頭だけ出して双眼鏡でアザラシたちを眺めます。

首を曲げて、短い後ろ足を目一杯広げてストレッチ?
150412-0830-IMG_9073.jpg


上陸している方は長時間日の当たるところでごろごろしていたのか、毛が乾いてふかふかになっています。
150412-0831-IMG_9077_2015062007582387b.jpg


くつろいでいる顔をしているなぁ、、、と思います。見ているこちらも眠くなってきてしまう風景。
150412-0831-IMG_9079.jpg


周辺には2頭で泳ぐ別のアザラシも。全部ゴマフアザラシです。
150412-0842-IMG_9158.jpg

アザラシ数頭と私と海鳥の声と潮の香りとさざ波が岩場で砕ける音と春の太陽しかない贅沢な瞬間です。こんな時間を味わうために日々働いて日銭を稼ぎ、そして人もほぼ来ないような北海道の海岸に来たので、もうしばらくこの海岸でアザラシと穏やかな時間を過ごすことにします。
関連記事

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。