入り江でくつろぐゴマフアザラシたち=北海道積丹旅行7=

2015.06.22(Mon)

引き続き積丹岬の岩場に転がるゴマフアザラシの様子です。

見つからないように岩の隙間からアザラシを眺めていると、ずいぶんくつろいでいる様子。転がったまま前足を伸ばしたり。伸びをしているのかな。
150412-1400-IMG_9773.jpg


短い前肢で顔を掻いて、
150412-1400-IMG_9782.jpg


大あくび。
150412-1400-IMG_97x75.jpg


あ、こっち見た。見つかったかな?と思いましたが特に気にする様子もない。
150412-1400-IMG_9803.jpg


こっちは海を泳ぐアザラシ。顔をひょこひょこ出して楽しそう。
150412-1403-IMG_9812.jpg


泳ぎながらこちらを伺ってくるアザラシもいました。逃げたり避けたりする感じではないですが、見慣れない闖入者が気になったのかな。
150412-1405-IMG_9820.jpg


こいつは半分水没しながらも岩の上で昼寝していました。短い尻尾が可愛いです。
150412-1412-IMG_9851.jpg

くつろいだり遊んだりしているアザラシはいつまでも見ていても飽きない。のんびりアザラシと過ごす午後です。一通り撮影したら私もちょっと失礼して、ザックを枕代わりに岩場に寝転びアザラシの気持ちになって、アザラシを眺めてのんびりすることにします。こんな穏やかな時間を味わうために日々暮らして旅に出るのかもしれません。旅先ということもありいろいろな想いが頭に浮かんでは消えます。

しかし、ここで野営するわけにはいかないのが人間の辛いところ。それにもう一箇所気になっていて本日寄りたいところもありますので、陽が傾き出した頃に岩場を後にします。


車に戻って駐車した付近のアスファルトを見ると、ど根性ツクシがワラワラと生えておりました。見習いたい。
150412-1322-IMG_3328.jpg

車に戻って、積丹を後にして小樽・札幌方面に向かいます。
関連記事

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。