我が家の間取りの移り変わり:団地リノベーション

2015.07.21(Tue)

関東は梅雨明けしたそうで、夏らしく暑い日が続いていますが、この海の日を含む三連休は皆様はいかがお過ごしでしたしょうか。

我が家はついにエアコンを導入したり(2012年に偉そうなことを書いていましたが、)、2ヶ月くらい吟味に吟味を重ねたワークスペースの椅子が届いたりと家作り関係に明け暮れた連休でした。エアコンといえば、ロクな断熱性能も無さそうな我が団地は昼間熱せられた躯体の熱が夜になっても冷めやらず熱が篭っているような気がしないでもなく、23時半現在、我が家の外気温計は28.4度ですが、私のワークスペースは30.9度。新しくきたエアコンは寝室に付いているので、パソコンの前では冷たい水割りと扇風機で凌いでいます。パソコン前はこれから約2ヵ月の我慢比べになりそうです。エアコンやワークスペースのチェアのお話もしたいところですが、先回した間取り話の流れでもう一回間取り関係の話を紹介しようかなと思います。今回は我々の部屋が自分達のものになる前の間取りの話です。

最初に紹介しなければならないのが、コレ。今から約40年前に我が団地は建設されたのですが、その建築当初の間取りで、おそらく建設した公団の資料です。
1968web.jpg
いわゆる3DKの間取り。設計は40年前より前と思われますが今見ても、とてもよくできた間取りだと思います。窓を開け放せば南側と北側の空間はつながり、風が抜け、全部屋の換気ができます。逆に冬は閉めきれば日光熱で南側の居間は暖かい。風呂やトイレ、洗面にも窓をつけて風を通し、湿気を抜き、光も通す。 エアコンが一般的ではなかった時代に快適に過ごすために考えられており、現在の24時間換気システムとエアコンによる空調が前提の建物とは出発点から違うのでしょう。
我が家の間取りを検討するに辺り、このオリジナル間取りを参考にしたつもりは無いのですが、光と風は南北方向で通したいと思っていたので、結果的に似た点が多い間取りになったように思います。

一方で洗濯機スペース・排水口が無い。この時代、電気洗濯機というのはまだ一般的ではなかったのかも。またダストシュートが屋外に設けられていますが、現在の団地では使われておりません。高温多湿の日本で、屋外型のダストシュートはひどいことになりそうなことは想像に難くありません。これは使用されず、で正解だと思います。


そして、わが部屋は前オーナーによって、90年代半ば頃にリフォーム、、、というよりオリジナルの間取りは跡形が無くなっているのでリノベーションをされました。その間取りがこちら。
20131.jpg
購入後に妻がスケッチしたものです。結構正確に描いてあります。

オリジナルからの変更点として、
・リビングはオリジナル間取りの二部屋をぶち抜いて広くしてあります。
・床は畳を全て撤去して、フローリングに。
・玄関を入ってから部屋の奥までのの動線経路がオリジナルから変わってしまい、曲がり角が多い。この動線は洋室1の隅っこを経由してLDに行くので、お客には余計な部屋を見せることにもなります。
・玄関正面に床から天井までの大きな収納があって、しかもこの収納の扉とリビングに向かうドアの開閉が干渉するというちょっと使いにくい構造。玄関右手にはドアがあるので、玄関ホールは南側から光が届かなく、風の通りも悪い。よって正面の収納とあいまって閉塞感、圧迫感を感じます。
・洋室2の開口部もオリジナルの襖戸より地味に小さくな り、家全体の光や空気の流れを弱めています。
・そして、これでもか!という位、収納スペースを増加しています。私たち夫婦は社宅団地暮らしが長く比較的物を持っていなかったので、こんなに収納は必要ない。1/2から1/3くらいあれば十分かな、、、といった感がありました。

以上、正直なところ、私たちには、、、あくまで私たちにとってはですが、使い勝手が良い間取りではなかったのです。それどころか団地の魅力である北面と南面両方に窓があって、光と風が抜けるという利点が弱くなっていました。


ですが、間取り以外では良いところがたくさんありました。前オーナーさんが90年代半ばに徹底してリノベーションしてくれたので、今でも十分使える部材が残っており、我が家のリノベーション施工費用圧縮につながりました。

・洗濯機置き場の増設。洗濯機はスペースがあればOKというわけではなく、排水口と取水用の水栓が必要です。前オーナーさんは洗濯機用の配管を床下に増設していたので、我が家でもこれを継続使用します。これも自腹でやったらそれなりの工賃になったと思われます。

・お風呂場。こちらは浴槽はもちろん、床タイルや給湯器が更新されていました。20年ほど前のものなので最新とは言えませんが、オンボロ社宅でカチカチバランス釜と割れたコンクリートむき出し床のお風呂に入っていた我々からすれば、極上風呂に思えますのでそのまま使用し、我が家の工事では照明を交換する程度で済ませました。やはり水回りの大物のお風呂場を更新すると数十万円の追加費用になるようでした。

・外壁窓のアルミサッシのドアと窓枠が交換済。団地ができた頃から窓サッシを交換していないとなると、さすがにガタガタになり隙間が空いたリしがち。実際40年間交換されていなさそうな以前く暮らしていた社宅サッシは1cmくらい窓ガラスとサッシに隙間が開いてひどかったものです。新居の90年代のサッシは今でもピッチリ閉まり動きもスムーズ。窓のサッシを交換するとなると、数十万円追加コースになるところでした。

・あと地味に助かったのがフローリング下の置き床の脚。これもまだまだ使えそうとのことだったので、置き床が必要ない畳部分を除きフローリング部分に再利用しました。

活用したのは地味な部分が多いですが、新規工事することに比べたら数十~百万円以上は節約になったと思いますので、そういう面でも我が家は掘り出し物物件でした。


部屋の間取りは、住み手が好きにチューニングできるのがリノベーションの良いところ。我々は南北の光と風通りを重視し、先日紹介した以下の間取りとなりました。
2015color.png

この間取りも今の我が家の家族構成には最適ですが、もしかすると今後再度変更になるかもしれません。しなやかにいきたいものです。
関連記事

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。