デジカメ買い増し計画2

2005.01.21(Fri)

とりあえず無難に撮影できる入門機は持っていますが、今度は写真を撮っていて楽しいカメラがいいなぁ、そしてアザラシを素敵に撮影できるカメラがいいなぁ、といった基準で現在カメラを選んでいます。画素は最近のデジカメは普及機でも300~400万画素はありますから、ほとんど紙に印刷をしない私にはどれも十分過ぎます。


まず写真を撮っていて楽しいという意味ですが、今までのD-460zoomはフレームを決めた後はシャッタースピード、絞り等々ぜ~んぶカメラが決めてくれてボタンを押すだけ、まぁそれでもそこそこな写真は撮れたのですが、もっと絞りをいじりたい、シャッターの開放時間を変えたいと思うときも多々ありました。新しいのを買うのはそういうのをマニュアルで設定できる機種にしたいなと。そういうことです。


そしてアザラシを素敵に撮影できるカメラについてですが、これは非常に難しい。アザラシを素敵に撮影?ってなもんですよね。まずは水族館にしろ野生のものにしろアザラシが側によってくれるとは限りません。むしろ離れている場合のほうが多いですから高性能のズーム機能が付いているとアザラシ撮影に有利そうです。もうひとつカメラの基本性能ではないですがアザラシを撮影する場合に重要な要素があります。それはなんと言っても電源です。

デジカメを持ってる方は多々いらっしゃるかと思いますがカメラの電源も様々ですよね。専用の充電池で動くものや、単三・単四電池で動くものなどがあります。アザラシ撮影は海のほうに何日も行くかもしれません。そんなとき単三アルカリ電池で動くものでしたら、どんな田舎に行っても入手可能です。また凍てつくオホーツクでの撮影の場合低温で電池性能が低下します。こういった場合も単三電池なら大量に予備が用意できます。

整理すると、マニュアルでいろんな設定ができて高倍率のズーム機能がついていて単三電池で稼動できるものという基準でカメラを選ぶことにしました。
関連記事

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ひろき


著者:ひろき

内容:
・アザラシ、海棲哺乳類、鳥、海底の這いずりモノの記録
・旅の記録
・読んだ本の記録
・団地のリノベーション
・その他日々思いつくこと

著者連絡先:
tokkariblogあっとgmail.com
(あっとは@に変換ください)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

経県値

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。